トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 宇部総合支援学校でUBEビエンナーレ作家によるワークショップを開催します

ここから本文です。

公開日:2018年11月28日

報道発表

宇部総合支援学校でUBEビエンナーレ作家によるワークショップを開催します

第22回、第27回UBEビエンナーレ出品作家で、ドイツ在住の彫刻家ハンス・ショール氏を講師に招き、宇部総合支援学校で、動物を描くワークショップを開催します。

描いた絵は、来年2月にときわ湖水ホールで開催される「共生社会ホストタウンサミット in 宇部」を記念するシンボル彫刻の下絵になります。

日時

平成30年12月3日(月曜日)、4日(火曜日)

場所

宇部総合支援学校

対象

小学部3~6年

中学部1~3年

内容

描くと凹凸ができる視覚障害者用の特殊な紙に、動物の絵を描きます。描いた絵は、共生社会ホストタウンサミット開催期間中に、ときわ湖水ホールアートギャラリーに展示します。

宇部総合支援学校児童・生徒の描いた絵と、一般参加者が描いた絵を、ハンス・ショール氏が再構成し、シンボル彫刻を制作します。

参加者の一般募集について

広く一般に参加者を募り、同内容のワークショップをときわ湖水ホールアートギャラリーにて開催します。

日時

平成30年12月8日(土曜日)

  1. 10時~12時
  2. 14時~16時

会場

ときわ湖水ホール アートギャラリー

定員

各回15名程度(先着順)

対象

どなたでも

参加費

無料

申込方法

電子申請か電話にて申し込み

ハンス・ショール氏について

1952年生まれ、ドイツ・ヘッセン州マールブルク在住の彫刻家。ドイツ・カールシュトレール学校(視覚障害者の通う学校)の元教師。

  • 第22回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)優秀賞受賞(2007年)
  • hans2007 

  • 第27回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)毎日新聞社賞受賞(2017年)
  • hans2017

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 UBEビエンナーレ推進課 UBEビエンナーレ推進係

住所:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-51-7282

ファックス番号:0836-51-7205