トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > UBEビエンナーレ「アーティスト・イン・レジデンス部門」の招へいアーティストを決定しました

ここから本文です。

公開日:2018年6月29日

報道発表

UBEビエンナーレ「アーティスト・イン・レジデンス部門」の招へいアーティストを決定しました

平成30年6月27日(水曜日)に開催したUBEビエンナーレ「アーティスト・イン・レジデンス部門」選考会において、以下のとおり招へいアーティストを決定しました。

アーティスト・イン・レジデンス部門

アーティスト イン レジデンス部門は、今年の第28回UBEビエンナーレから追加された新部門です。

3つの異なるプログラム(こどもビエンナーレ、中心市街地、中山間地域)について、アーティストを公募しました。

決定した招へいアーティストは、今後各地域に一定期間滞在し、様々なアート活動を行います。

招へいアーティスト

各部門の招へいアーティスト及び応募総数は、以下のとおりです。

招へいアーティストについて(PDF:341KB)

選考

日沼 禎子(女子美術大学教授)

藤 浩志(秋田公立美術大学副学長・教授)

藤原 徹平(建築家・横浜国立大学大学院Y-GSA准教授)

久保田 后子(緑と花と彫刻の博物館館長)

第28回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)

来年(2019年)秋にときわ公園のUBEビエンナーレ彫刻の丘を舞台に開催される、世界で最も歴史のある野外彫刻の国際コンクールです。

第28回展より新たに3つの新部門を設け、多様な芸術分野からの作品募集を行っています。

参考リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 UBEビエンナーレ推進課 UBEビエンナーレ推進係

住所:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-51-7282

ファックス番号:0836-51-7205