トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > ときわ動物園で飼育しているコブハクチョウが国立京都国際会館へ移動します

ここから本文です。

公開日:2018年7月30日

報道発表

ときわ動物園で飼育しているコブハクチョウが国立京都国際会館へ移動します

このたび、ときわ動物園の仲介で、下関響灘ライオンズクラブが所有し、ときわ動物園で飼育しているコブハクチョウ2羽(オス1羽、メス1羽)が国立京都国際会館に寄贈されることになりました。国立京都国際会館は設立50年を迎えた国際会議施設で、以前はコブハクチョウを飼育し繁殖もしていたことがありますが、現在はハクチョウがいないことから、ハクチョウの入手を希望されていました。
今後は、国立京都国際会館内にある池にコブハクチョウ2羽が放鳥され、国際会議などで訪れたお客様をお迎えすることになります。

日時

2018年8月1日(水曜日)早朝 ときわ動物園出発

※当日は早朝に輸送業者が常盤湖に到着次第、2羽の捕獲、輸送檻への収容作業を開始し、完了後すぐに京都へ向けて出発します。

移動するコブハクチョウについて

移動する2羽(オス1羽、メス1羽)は2017年4月14日下関市深坂溜池で孵化し、2017年4月29日からときわ動物園で飼育中。

(常盤湖に放鳥されているペアの子で、今年5月以降も継続して屋内施設で飼育をしていた個体)

※ときわ動物園では昨年5月に下関響灘ライオンズクラブから1ペアのコブハクチョウ(親鳥)を本市に寄贈いただき、飼育を行ってきました。その時に孵化後まもないヒナ6羽も預かり、常盤湖で飼育管理してまいりました。今回の移動で、常盤湖のコブハクチョウは親鳥ペア2羽と子4羽の計6羽となります。

関連リンク

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 ときわ公園課 活性化推進係

住所:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-54-0551

ファックス番号:0836-51-7205