トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 県内初!市税・国民健康保険料の納付をスマホで決済

ここから本文です。

公開日:2018年7月30日

報道発表

県内初!市税・国民健康保険料の納付をスマホで決済

~「いつでも」「どこでも」「出かけなくても」納付がさらに便利に~

本市では、県内で初めて、スマートフォンのアプリを使い、市税や国民健康保険料を納付できるシステム「PayB(ペイビー)」を開始します。
「PayB」とは、スマートフォン用アプリを使った電子納付で、スマートフォンのアプリを起動し、納付書の「コンビニ納付用バーコード」を読み取ることで、納付者が指定した銀行口座から即時に市税等の納付ができるシステムです。
この「PayB]により、「コンビニ納付」の「いつでも」「どこでも」に加え、「出かけなくても」自宅にいながら納付できるようになります。
今後も、様々な市の業務にICTを活用し、市民のライフスタイルに合わせた利便性の高いサービス環境の整備を図っていきます。

  • ※導入の背景
    本市では、これまで、「口座振替」や「コンビニ収納」などの納付手段の多様化による利便性の向上や納付案内センターにおける納付の呼びかけにより、収納率の向上を推進してきました。
    このような取組により、平成29年度における市税の現年度収納率見込みは99.01%となり、収納率は年々上昇傾向にありますが、今後、さらなる収納率の向上を図っていく必要があります。
    そのため、納付者が納付しやすい環境を整備し一層の収納率の向上を図るため、「PayB」を導入することとしたものです。

目的

新たにICTを活用した納付環境を整備することで、納付者の利便性の向上を図る。

運用開始

平成30年8月1日(水曜日)

対象税目等

  • 普通徴収市県民税
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険料

(いずれも30万円以下)

利用可能な金融機関

  • 山口銀行
  • もみじ銀行
  • 北九州銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 広島銀行
  • ほか

(PayB加盟金融機関)

納付手続きに必要なもの

  • 「コンビニ納付用バーコード」が印刷された納付書
  • スマートフォン

利用方法(別紙1参照)

「PayB」のホームページを開いてください。

  1. 利用する金融機関に対応したPayBアプリをダウンロード
  2. 初回登録時のみ氏名や銀行口座、支払用パスワード等を登録
  3. 2の登録後、アプリを起動し、納付書に印刷されている「コンビニ納付用バーコード」をスキャン
  4. 支払情報を確認し、支払用パスワードを入力して支払完了

参考

コンビニ納付実績

普通徴収市県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険料の合計

  納付件数(件) 納付金額(千円)
平成25年度 98,848 1,238,160
平成26年度 113,951 1,631,343
平成27年度 128,657 1,859,504
平成28年度 138,706 2,072,242
平成29年度(見込) 144,725 2,197,488

予算額:908,000円(電算開発委託料)

関連資料

リンク先

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 収納課 納税推進係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8208

ファックス番号:0836-22-6014