トップ > 報道発表 > 報道発表(2019年度) > 「宇部市バリアフリー化マスタープラン」を全国で初めて策定しました

ここから本文です。

公開日:2020年3月4日

報道発表

「宇部市バリアフリー化マスタープラン」を全国で初めて策定しました

本市は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催を契機として、「共生社会ホストタウン」に全国で初めて登録されました。共生社会の実現には、建築物や道路等のバリアフリー化が不可欠であり、多くの人が集まる地区では、面的・一体的なバリアフリー化の方針を示すことが必要です。

マスタープランでは、バリアフリー化の促進が特に必要な地区を「移動等円滑化促進地区」として設定し、その地区のバリアフリー化の方針を示すとともに、市域全体のバリアフリーに関する方針についても示しています。

マスタープラン策定により、市民、事業者、行政がバリアフリーについての考え方を共有し、バリアフリー化を促進することで、誰もが安全・快適に暮らせる共生とにぎわいのあるまちづくりに取り組みます。

宇部市バリアフリー化マスタープラン
宇部市バリアフリー化マスタープラン(PDF:5,052KB)

計画の期間

令和2年度~令和6年度(5年間)

基本理念

「誰もが安全・快適に暮らせる共生とにぎわいのあるまちづくり」

基本目標

  1. 誰もが安全・快適に移動できる暮らしやすいまちの実現
  2. 誰もがバリアフリー化に取り組む共生のまちの実現

移動等円滑化促進地区

  1. 市役所周辺地区(PDF:593KB)
  2. 宇部駅周辺地区(PDF:459KB)

届出制度

公共交通事業者または道路管理者は、移動等円滑化促進地区の区域において、旅客施設と道路の境目等において改修等を行う場合は、工事に着手する30日前までに市への届出が必要となります。

移動等円滑化に関する情報の収集

各施設におけるバリアフリー設備の有無及び設置個所等は高齢者、障害者等がその施設を利用するために必要な情報となります。

そのため、公共交通事業者等及び道路管理者は市への情報提供が義務付けられます。

また、路外駐車場管理者等、公園管理者等及び建築主等においては努力義務です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 障害福祉課 支援係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8523

ファックス番号:0836-22-6052