トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 「せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE」を開催

ここから本文です。

公開日:2018年12月25日

報道発表

「せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE」を開催

~SDGs推進を担う次世代の「人財」づくりを推進します~

本市では、2019年1月から3月の6日間に渡って、吉部小学校やUBE START UP(うべスタートアップ)、ときわ公園等を会場に、子どもたちが動物の立場に立って地球環境について話し合う「せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE」を開催します。
本市では、SDGs未来都市として、人間の立場や地域の枠を超えたSDGs視点(世界的・第三者的視点)に立った多様な発想・行動ができる「人財」づくりを進めます。
同会議には、吉部小学校の子どもたちや市内に住む外国人児童、首都圏の子どもたちのほか、インストラクターとして外国人留学生も参加します。子どもたちは、「動物になって地球をもっと見てみよう」をコンセプトに、人間から動物へと視点を変えることにより、他者を尊重し多様性を認めながら地球環境について考えます。
3月には、屋内プログラムで学んだ子どもたちが交流し、環境問題と共生について学びを深め、「動物かんきょう会議宣言」を発信します。

せかい!動物かんきょう会議とは

(株)ヌールエデザイン総合研究所が提案する教育プログラムで、2014年には環境省の ESD環境教育モデルプログラムに採択され、また、2017年には、キッズデザイン協議会が主催する、第11回キッズデザイン賞 優秀賞「消費者担当大臣賞」を受賞しています。
子どもたちは、様々な動物の役割を演じながら、地球環境の課題解決に向けた議論等を通して、他者の立場を理解し、多様性を認めていく態度、多面的に考える力を身に着けていきます。

学習のアプローチ

  1. 動物に関する調べ学習
  2. 動物になりきって議論
  3. まとめ(人間と動物の共存、地域の問題・改善のために)
子どもたちが様々な動物のお面をつけて、資料を作成している様子 子どもたちが絵を掲げて記念撮影をした写真

せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE

屋内プログラム

身近な野生動物になる疑似体験を通して、人間たちの課題について考えよう!

吉部小学校の総合学習として実施

日時

2019年1月16日(水曜日)2・3時限(9時20分~11時10分)
2019年1月17日(木曜日)2・3時限(9時35分~11時25分)
2019年2月6日(水曜日)2・3時限(9時20分~11時10分)

場所

吉部小学校、5・6年生教室

参加者

吉部小学校5・6年生(9名)
インストラクター(10名程度)
保護者、地域の方々

市内在住の外国人児童等を対象に実施

日時

2019年1月20日(日曜日)10時~15時

場所

UBE START UP(うべスタートアップ)

参加者

市内小学生(外国人児童等10名程度)
インストラクター(10名程度)

屋外プログラム

ときわ動物園の動物たちと向き合い、「人間も住まわせてもらえる地域」に戻す視点を育てよう!

日時、場所

2019年3月26日(火曜日)ときわ動物園
2019年3月27日(水曜日)ときわ公園(湖水ホール)・アクトビレッジおの
※詳細スケジュールは調整中です。

参加者

吉部小学校5・6年生(9名)、市内小学生(外国人児童等10名程度)
首都圏小学生(数名予定)
インストラクター(15名程度)
保護者、教育関係者ほか

実施主体

主催

宇部市

協賛

日本航空、キッズデザイン協議会

委託団体

(株)ヌールエ デザイン総合研究所

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 政策企画グループ  

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008