トップ > 報道発表 > 報道発表(2020年度) > 宇部市小野産の新茶の出荷が始まります

ここから本文です。

公開日:2020年4月27日

報道発表

宇部市小野産の新茶の出荷が始まります

令和2年度の宇部市小野産一番茶の出荷が始まります。

藤河内茶園の様子 伸びてきたお茶の新芽

出荷開始日

令和2年(2020年)5月1日(金曜日) から

販売場所

市内のJA山口県農産物直売所 など

お茶ができるまで

茶摘み・茶摘採

毎年4月下旬から5月頃、お茶の摘み採りが始まります。摘み採られた茶葉(生葉)は「荒茶工場」へと運ばれます。

荒茶工場

摘み採られた茶葉を蒸して揉んで乾燥させます。こうしてできたものを「荒茶」といいます。

製茶工場

荒茶の形や大きさを整えたり、お茶の香りを引き出して、箱や袋に詰めて商品にします。

備考

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一般の方の茶園や収穫の見学はご遠慮ください。

お問い合わせ先

出荷するお茶について

山口県農業協同組合 宇部緑茶センター

担当

三藤(電話:0836-41-0302)

藤河内茶園でのお茶摘みについて

山口県農業協同組合 宇部西部営農センター

担当

大久保(電話:0836-45-3666)

お問い合わせ

組織名称:北部・農林振興部 農林振興課 農産物振興係

住所:〒757-0292 宇部市大字船木字東番田365番地1

電話番号:0836-67-2819

ファックス番号:0836-67-2316