トップ > 報道発表 > 報道発表(2019年度) > 宇部市における受動喫煙対策の推進

ここから本文です。

公開日:2020年3月27日

報道発表

宇部市における受動喫煙対策の推進

~4月1日から屋内禁煙がルール化されます~

禁煙マーク令和2年4月1日から、改正健康増進法の全面施行によって、学校や病院など第一種施設に引き続き、多くの方が利用する第二種施設での原則屋内禁煙がルール化されます。これにより、事業者だけでなく市民においても、望まない受動喫煙による健康影響をなくすための取組がマナーからルールへと変わります。
本市では、これまでの受動喫煙対策の取組をさらに進め、市の関係機関だけでなく、対象を市民や事業者に拡大していくため、庁内の関係機関の連携を図り、横断的な政策を展開するとともに、喫煙者への禁煙支援の取組を強化していきます。

4月1日からのルール

  • 第二種施設が原則、屋内禁煙となります。
    ※喫煙専用室などを設置しなければ喫煙することはできません。
  • 20歳未満の人は、喫煙可能エリアへの立ち入りはできなくなります。
    従業員であっても同様です。

受動喫煙対策に関する本市の取組

  • 職員の勤務時間内の喫煙を禁止
  • 公共施設の敷地内全面禁煙化
    ア 第一種施設(57施設)敷地内全面禁煙化(令和元年7月1日から)
    イ 第二種施設(65施設)順次、敷地内全面禁煙化
    (令和2年4月1日現在 全面禁煙23施設、屋内禁煙39施設、喫煙専用室設置1施設、施設廃止2施設)
    ※ 各施設の禁煙化の状況については、市ホームページで公表

参考

平成30年7月1日から、望まない受動喫煙の防止を図ることを目的として、「健康増進法の一部を改正する法律(平成30年法律第78号)」が一部施行され、第一種施設が敷地内禁煙となりました。このたび、この法律が全面施行され、第二種施設においても原則敷地内禁煙がルール化されます。

第一種施設(改正健康増進法第28条第5号)

  • 学校、病院、児童福祉施設その他の受動喫煙により健康を損なうおそれが高い者が主として利用する施設
  • 国及び地方公共団体の行政機関の庁舎(行政機関がその事務を処理するために使用する施設に限る。)

第二種施設(改正健康増進法第28条第6号)

  • 多くの方が利用する施設で、第一種施設及び喫煙目的施設(喫煙をする場所を提供することを主たる目的とする施設)以外の施設

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 健康増進課 健康増進係

住所:〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

電話番号:0836-31-1777

ファックス番号:0836-35-6533