トップ > 報道発表 > 報道発表(2019年度) > 本市備蓄マスク13,000枚の活用について

ここから本文です。

公開日:2020年3月11日

報道発表

本市備蓄マスク13,000枚の活用について

この度の新型コロナウイルス感染症の国内感染の拡大から、マスク、消毒薬などの衛生用品が、全国的に入手困難な状況が続いています。

本市では、マスク不足を少しでも解消するため、本市の「新型インフルエンザ流行に伴う備蓄マスク(平成21年(2009年)当時」約9,000枚について、市内の高齢、障害及び学童保育事業所等に対し、3月6日から順次配布しているところです。

ただし、マスクの使用期限は一般に2~5年程度と言われているため、使用期限切れであることを伝え、了承された事業所に配布しています。

新型インフルエンザ流行に伴う備蓄マスク 9,000枚のうち

  • 高齢者施設(介護サービス事業所)127ヶ所 3,000枚
  • 障害者施設(障害福祉サービス事業所)26ヶ所 3,000枚
  • 学童保育施設(学童保育クラブ)30ヶ所 3,000枚

さらに今週中に備蓄の4,000枚を高齢者施設に配布する予定です。

【参考】本市の動き

宇部市新型コロナウイルス対策会議等

  • 令和2年1月31日 宇部市新型コロナウイルス対策推進会議(第1回)を開催し、新型コロナウイルス感染症の概要、発生状況、県の相談窓口について説明し、各課での対応状況について、情報共有。
  • 令和2年2月18日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、会議(第1回)を開催し、新型コロナウイルス感染症の現状、県相談窓口の受付状況や各部局等の状況を報告し、今後も県や宇部市医師会との連携を行いながら、感染症対策を実施。
  • 令和2年2月21日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第2回)を開催し、現状、県相談窓口の受付状況、市主催行事等の今後の対応等について協議。
  • 令和2年2月25日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第3回)を開催し、国の対応、市主催行事等の今後の対応等について協議。
  • 令和2年2月28日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第4回)を開催し、新型コロナウイルス感染症対策についての国等の情報、学校対応、庁内対応について協議。
  • 令和2年3月2日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第5回)を開催し、学童保育等の適切な運営、公共施設等の適切な運営について協議。
  • 令和2年3月4日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第6回)を開催し、県内で、第1例目の患者が発生したため、本市の現状報告、今後の対応についての協議。
  • 同日、宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第7回)を開催し、中学校卒業式の対応状況、情報共有の流れの確認、PCR検査に関する情報の共有。

関係者による協議

  • 令和2年2月18日 コロナウイルス感染症に関する令和元年度第1回危機管理委員会に宇部市医師会・山口県宇部健康福祉センター・宇部市の三者で情報協議。
  • 令和2年3月5日 コロナウイルス感染症に関する令和元年度第2回危機管理委員会に宇部市医師会・山口県宇部健康福祉センター・宇部市の三者で情報協議。

周知・広報

  • 令和2年2月7日 宇部市の関係機関において感染症予防に関するリーフレットを掲示。
  • 令和2年2月25日 新型コロナウイルス感染症リーフレット「感染症対策へのご協力」「Q&A」を庁内掲示板に掲載。(庁内及び関係団体等で活用)
  • 令和2年2月27日 感染症対策へのご協力のリーフレットに英語版・中国版を追加。
  • 令和2年2月28日 新型コロナウイルスに関して、市長、教育長より市民に対しメッセージが発出。
  • 令和2年3月3日 市民向け感染予防ハンドブック(東北医科薬科大学病院作成)・マスクの作り方(大分県健康づくり支援課作成)をHPに掲載。
  • 令和2年3月9日 市民に日常生活における感染予防対策や相談窓口を周知するため、新型コロナウイルス感染症に関するちらしを作成し、全戸配布。

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 健康増進課 地域医療係

住所:〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

電話番号:0836-31-1777

ファックス番号:0836-35-6533