トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 平成30年度は藤山中学校区を環境教育モデル校区とします

ここから本文です。

公開日:2018年6月21日

報道発表

平成30年度は藤山中学校区を環境教育モデル校区とします

本市では、「宇部市環境教育・学習ビジョン」(平成28年8月策定)に基づき、学校における環境教育を推進しています。

平成30年度は、今後の小中一貫教育の実施を視野に入れ、藤山中学校をモデル校区として、環境問題について、より深く学ぶ授業を行うこととしています。小学校では、すでに社会見学に向けた事前学習が始まっていますが、環境月間である6月からは、本格的にプログラムがスタートしています。

平成30年度モデル校

  • 宇部市立藤山小学校
  • 宇部市立鵜ノ島小学校
  • 宇部市立藤山中学校

授業の概要等

概要

  • 小学校については、昨年度藤山小学校で取り組んだモデルプログラムを実践する。(4年生のごみに関するプログラム)
  • 中学校については、1年生を対象として、現在のカリキュラムの中で実践できるプログラムの作成に取り組む。

授業日程 

  •  小学校
鵜ノ島 藤山

授業の内容

6月19日

6月21日

社会見学

ごみ処理施設で焼却の工程や分別作業を見学

食品リサイクル工場で食品廃棄の「もったいない」を実感

6月28日

6月4日

出前講座

ごみ収集車が学校を訪問

ゲームを交え、ごみ問題やごみ収集の仕事、ごみ分別を学習

7月上旬

12月上旬

協働取組

地域の有識者を招き、環境問題への関心をさらに高める授業

10月4日

1月18日

10月1日

1月21日

出前講座

生ごみ処理容器「段ボールコンポスト」を自分たちが管理し、ごみが分解され、堆肥ができる様子を体験

堆肥は、学校の農園や花壇、保護者に贈る鉢植えに活用

2月中旬

3月上旬

発表会

これまでの授業を踏まえ、ごみ問題(環境問題)に関して、自分たちのできることを発表

2月26日

2月27日

2分の1成人式

段ボールコンポストの堆肥を使った鉢植えと10歳の行動宣言をメッセージにして、家族にプレゼント

 ※日程は変更となる場合があります。

今後の展開

  • 藤山小学校で作成した環境教育モデルプログラムを市内各小学校でさらに検証
  • 藤山中学校での取組を他校でも実践可能なモデルプログラムとなるよう検証

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 環境政策課 地球温暖化対策係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8245

ファックス番号:0836-22-6016