トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 山口県海外技術研修員が市長を表敬訪問します

ここから本文です。

公開日:2019年1月30日

報道発表

山口県海外技術研修員が市長を表敬訪問します

本市内で7か月間のコンピュータシステムの研修を終える山口県海外技術研修員が、研修終了報告と帰国挨拶のため市長を表敬訪問します。

日時

平成31年2月5日(火曜日)13時~

場所

宇部市役所 2階 市長応接室

来訪者

  • 山口県海外技術研修員 小野・セーザル・エンリッケ(ブラジル国籍、日系四世、曾祖母が周防大島町出身)
  • 研修受入機関 株式会社エイム 代表取締役 藤井 政夫
  • 研修受入機関 株式会社エイム 取締役 藤井 惠子

対応者

  • 宇部市長 久保田 后子
  • 宇部市観光・シティプロモーション推進部長 庄賀 美和子
  • 宇部市観光・シティプロモーション推進部観光・グローバル推進課長 白石 勝己

参考

山口県では毎年、県と結びつきの深い国の若者を山口県海外技術研修員として受け入れ、知識・技術の習得機会の提供や県民との交流を通じて、出身国の社会・経済の発展に寄与する人材を養成しています。
平成30年度は、中南米(ブラジル、ペルー、メキシコ)からの研修員6人を受け入れました。
昭和54年の受入開始以来、昨年度末までの受入者数は305人です。

主な出身国(受入者数)

  • 中南米:ペルー(77人)、ブラジル(78人)、メキシコ(25人)、アルゼンチン(14人)等
  • アジア:中国(73人)、韓国(22人)等

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 観光・グローバル推進課 観光・グローバル推進係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8353

ファックス番号:0836-22-6083