トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > ごみ減量アイデアコンテスト二次審査(公開プレゼンテーション大会)を開催します

ここから本文です。

公開日:2018年7月2日

報道発表

ごみ減量アイデアコンテスト二次審査(公開プレゼンテーション大会)を開催します

本市では、平成33年度までに、1人1日当たりのごみの排出量を840gに削減する目標を掲げています。しかし、平成28年度の1人1日当たりのごみの排出量は1,050gで全国平均(925g)や山口県平均(994g)を上回っています。

そこで、これまでの取組に加え、平成30年度は市民・事業者・行政が一体となり「1人1日100g」の減量を目標に掲げ取り組んでいます。その取組の一環として、市民の皆様方からごみの減量化に向けたアイデアを募集したところ、市民や団体の方から51件の応募がありました。

その中から一次審査を実施し優秀なアイデア6件を選定し、二次審査(公開プレゼンテーション大会)を実施します。

日時

平成30年7月7日(土曜日)14時~16時20分

場所

宇部市文化会館2階研修ホール

表彰

最優秀賞(1点)    10万円

優秀賞(2点)      5万円

アイデア賞(1点)    1万円

観覧について

事前申し込み不要でどなたでも観覧できます。

公開プレゼンテーション大会参加者

(応募順)

発表者名 アイデアのタイトル
ESDうべ推進協議会とかみうべまちのえき「かみうべまちカフェワークショップ」  食育を通じて、台所ごみの脱水による水分の減量1人1日当たり32gを実現する
佐貫 誠 資源ごみ収集システムの見直し
西岐波校区コミュニティ推進協議会 古着・古布回収でごみ減量と地域活性化!
有限会社原田建設 ごみ減量プロジェクトチーム 生ごみの資源化で宇部を活性化!
藤原 七月 ごみ量計によるごみ排出量の見える化   ~スマートシステムの構築~
宇部フロンティア大学付属香川高等学校 生活デザイン科2年

みんなで、楽しく、食品ロス0を目指そう!#食材無駄なく使ってみた#捨てないよ#もったいない

 ※応募総数51件(個人:20人26件 団体:14団体25件)

アイデア賞

二次審査に進まなかったアイデアの中から、個人で手軽に取り組める優秀なアイデアにアイデア賞を贈呈します。

〇受賞者

宇部フロンティア大学付属香川高等学校専門科生徒会

〇受賞アイデア

明日のお弁当にするけぇ、置いちょって~

※アイデア賞受賞者は当日表彰します。

 

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 廃棄物対策課 ごみ減量推進係

住所:〒755-0001 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5272番地6

電話番号:0836-34-8247 

ファックス番号:0836-33-7294