トップ > 報道発表 > 報道発表(2020年度) > バイオマスを活用した新たなボランティアごみ袋(燃やせるごみ用)を作成しました

ここから本文です。

公開日:2020年10月12日

報道発表

バイオマスを活用した新たなボランティアごみ袋(燃やせるごみ用)を作成しました

本市では、平成14年度から道路や公園などの公共の場所において、自主的に清掃活動を行う個人や団体に対し、収集されるごみを入れるボランティアごみ袋(燃やせるごみ用・燃やせないごみ用)を配付しています。

このたび、市民の環境意識の向上、石油資源の節約、廃棄焼却時のCO2排出による温室効果ガスの削減を目的に、ボランティアごみ袋(燃やせるごみ用)の材質にバイオマスプラスチックを採用しました。

新しいボランティアごみ袋

これまでは、石油由来(20%)と再生原料(80%)の高密度ポリエチレンを使用していましたが、この度、新たにバイオマス(植物由来の資源)を活用し、バイオマス原料(10%)、石油由来(10%)、再生原料(80%)としました。

新しいボランティアごみ袋の写真
(袋:無色透明 文字:茶)

バイオマスマーク

新しいボランティアごみ袋には、バイオマスを使用した商品に表示される「バイオマスマーク」が記載されます。

サイズ及び作成枚数

  • 800mm×650mm(45ℓ)
  • 22,000枚

申込方法

新しいボランティアごみ袋は、現行のボランティアごみ袋(燃やせるごみ用)がなくなり次第、申込みに応じて配付します。

申込場所

  • 廃棄物対策課
  • 道路整備課
  • 公園緑地課
  • 各市民センター・ふれあいセンター

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 廃棄物対策課 ごみ減量推進係

住所:〒755-0001 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5272番地6

電話番号:0836-34-8247 

ファックス番号:0836-33-7294