トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 「まちを楽しくするストリートファニチャーのデザイン」決定!

ここから本文です。

公開日:2018年6月27日

報道発表

「まちを楽しくするストリートファニチャーのデザイン」決定!

本市の中心市街地の重点整備地区「中央町地区」の回遊道路とポケットパークの シンボルとして、設置する作品のデザインが決定しました。

平成30年1月、まちなかの空間を楽しくし、にぎわいの創出につながるベンチや街灯、彫刻やパーゴラなどのストリートファニチャーのデザインを募集したところ、全国から104点の応募があり、この度、最終選考により、最優秀賞、優秀賞、特別賞が決りました。

これにより、まちなかに人々が集う空間を演出し、にぎわいを創出していきます。

「まちを楽しくするストリートファニチャーのデザイン」

  1. 最優秀賞
    • 作品 「地球のねじ」(大村一彦)
    • 選定理由
    • 多くの案が、ベンチや環境を彩る空間装飾的な提案であったのに対し、一目見て「触ってみたい」「回してみたい」「登ってみたい」というように具体的に人の行動を喚起する力があった。また、作者は、ストリートファニチャーは子どもをひきつける「童具」であるべきと述べているが、まさにそのとおりの楽しい提案である。

  2. 優秀賞
    • 作品 「ひらひら」(大井裕介)
    • 選定理由
    • 造形的にみれば提案された中で一番美しい提案であったが、素材や運用上の課題・懸念がいくつか指摘された。

  3. 特別賞
    • 作  品 「賑やかな石」(星洸祐、三浦匠平)
    • 選定理由
    • 宇部の産業と芸術をつなごうとするアプローチは、産業ツーリズムを推進する市の姿勢とも合致する。特別賞として表彰し、将来の産業ツーリズムを含んだ議論の種にしていくのが適当と判断した。

  4. 最終選考
    1. 開催日 平成30年6月1日(金曜日)
    2. 選考委員 藤原徹平、日沼禎子、宋俊煥、久保田后子
    3. 選考内容 1次審査選考の5者によるプレゼンテーション及び審査
  5. デザイン応募期間及び応募作品数
    1. 応募期間 平成30年1月9日(火曜日)~平成30年3月9日(金曜日)
    2. 応募作品数 104作品

今後の予定

  • 委託契約
  • 最優秀者と平成30年7月下旬頃契約予定

  • 作品設置
  • 採用者が平成30年秋頃に設置予定

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 共生社会ホストタウン推進グループ  

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8489

ファックス番号:0836-22-6008