トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 中心市街地のにぎわい創出に向けて

ここから本文です。

公開日:2019年1月28日

報道発表

中心市街地のにぎわい創出に向けて

~本市の「まちの顔」中心市街地の再生を目指します~

昨年末の井筒屋宇部店の閉店に続き、この度、スーパー レッドキャベツが2月に閉店することとなり、近隣住民の利便性の低下、周辺店舗への影響などが強く懸念されます。

このため、本市は、大型店撤退の影響を最小限に食い止めるため、まちなか商業緊急応援事業や、にぎわい創出に向けたイベントの開催など、宇部商工会議所をはじめ関係機関と連携し、積極的に取り組みを進めます。

まちなか商業緊急応援事業について

スーパー レッドキャベツの閉店により、近隣住民が、いわゆる「買い物難民」となることへの対策として、周辺商店街(新天町・常盤通り)が実施する販売促進につながる取り組みを、緊急的かつ優遇して支援し、まちなかエリアの商業活性化と近隣住民の生活基盤の確保を図ります。

~対象となる取り組み~

  1. ミニマルシェの開催支援
  2. 既存制度の底上げ、弾力的運用
    • 空き店舗への新規出店(日用品や食料品の販売)
    • 既存商店のリニューアル
    • 既存商店が行う販売促進活動
    • 商業・サービス関連施設の整備
    • 融資制度の拡充
    • 雇用対策支援

中心市街地に気になるお店が大集合!まちなか集(あつ)マルシェを開催

スーパー レッドキャベツの閉店による影響を最小限に食い止めるために、今後、商店街と連携し、にぎわい創出に向けたイベントを積極的に実施します。

その第一弾として、新天町名店街のアーケード内を会場として、パンを中心に野菜や菓子、雑貨など多彩なお店が大集合する「まちなか集マルシェ」を開催します。

また、このマルシェへの出店者を募集します。

  1. まちなか集マルシェ
    1. 開催日時:2019年3月10日(日曜日)10時~14時
    2. 会場:宇部市新天町名店街 アーケード内
    3. 出店予定:パン、菓子、野菜、ハンドメイド雑貨など
  2. マルシェ出展者募集
  3. パン、菓子、野菜、ハンドメイド雑貨など、マルシェの出店者を募集

    1. 出店内容:スペース 横幅1.8m×0.9m(テーブル2脚分)
    2. 出店料:無料
    3. 応募期限:2019年2月8日(金曜日)必着のこと
    4. 応募方法
    5. 応募用紙に必要事項を記入の上、下記提出先に持参又電子メール、FAXで提出
      ※応募用紙は、市ホームページからダウンロード可能。
      ※FAX、電子メールの場合は、必ず電話で着信を確認すること。

      提出先:宇部市コンパクトシティ・共生型包括ケア推進グループ

      〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号
      電話:0836-34-8468  FAX:0836-22-6008
      E-mail: c-city@city.ube.yamaguchi.jp

宇部市中心市街地活性化基本計画の策定について

中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上を総合的かつ一体的に推進する「中心市街地活性化基本計画」を策定し、民間事業者等の効率的な事業を促進します。

  1. 基本計画策定の理由
    • 宇部市立地適正化計画が3月に策定されることにより、郊外部の大型店舗などの規制も可能となること
    • 中心市街地の中核商業施設である井筒屋宇部店が閉店し、それに対応するうえで効果的な活用が図られること
    • 宇部商工会議所及び2016年4月に設立された「まちづくり会社」(株)にぎわい宇部と協議を進め、中心市街地活性化協議会を早急に設立することで合意ができたこと
  2. これまでの経緯
    • 2000年3月
    • 「中心市街地活性化基本計画」を策定。市街地の整備改善と商業等の活性化を一体的に進める。
    • 「まちづくり三法」の改正
    • 「中心市街地活性化基本計画」は、内閣総理大臣の認定制度となる。その認定の条件となる、商工会議所と民間主体の「まちづくり会社」等で組織する中心市街地活性化協議会が立ち上がらなかったことや、郊外部における大規模店舗の立地規制が困難であったことなどから、法改正後の基本計画の策定には至らず。

    • 2015年3月
    • 「都市の低炭素化の促進に関する法律」の施行を受け、魅力的で利便性の高い、にぎわいのある持続可能なコンパクトなまちづくりを進める「宇部市にぎわいエコまち計画」を策定。中心市街地の活性化に向けた様々なハード・ソフト事業に取り組む。

    • 2015年10月
    • 「宇部市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定。弾力的に運用できる地方創生推進交付金の活用を図る。

  3. 策定期間
  4. 2019年3月~2020年3月
    ※2000年3月策定の「宇部市中心市街地活性化基本計画」で中心市街地と位置付けられた約140haを対象エリアとし、2020年3月の内閣府認定を目指す。

中心市街地と位置付けられた約140haを対象エリアの地図

中心市街地活性化協議会の役割

基本計画の内容を協議し、中心市街地の活性化に向けた取り組みの実効性を確保するなど、中心市街地の活性化を推進するうえでの中心的な役割を担う。

中心市街地活性化基本計画策定のメリット

基本計画は、内閣総理大臣の認定を受けることで、民間事業者等が国の補助制度等における特例・重点的な支援措置を活用し、効率的に事業を実施することが可能。

※別添「中心市街地活性化制度の概要(国土交通省資料)」(外部サイトへリンク)参照

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 中心市街地にぎわい創出推進グループ  

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8167

ファックス番号:0836-22-6008

組織名称:総合戦略局 共生社会ホストタウン推進グループ  

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8831

ファックス番号:0836-22-6008

組織名称:商工水産部 商工振興課 中小企業振興係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8355 

ファックス番号:0836-22-6041