トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 宇部市宇宙教育推進協議会を設立し、宇宙を素材とした教育を推進します

ここから本文です。

公開日:2018年8月1日

報道発表

宇部市宇宙教育推進協議会を設立し、宇宙を素材とした教育を推進します

本市では、人工衛星データの利用、研究に関するセミナー等の宇宙を素材とした教育を推進し、科学技術に一層の興味を持つ児童生徒や、将来のイノベーション人材を育成するため、「宇部市宇宙教育推進協議会」を設置します。
また、勤労青少年会館を昭和42年に開設して以来、これまで天体望遠鏡、プラネタリウムで行ってきた施設型の天文教育から、幅広い宇宙教育へ発展させていきます。

委員

学識経験者、行政職員など7人
8月24日(金曜日)9時30分から山口大学工学部で、今後の事業計画等について協議をします。

今後のスケジュール

JAXAコズミックカレッジ

内容

ペンシルロケットを作ろう!

日時

平成30年8月5日(日曜日) 14時00分~15時30分

場所

宇部市立図書館2階 講座室

対象

小学校1、2年生

募集人員

親子30組

宇宙教育セミナー

日時

平成30年10月13日(土曜日) 13時00分~16時30分

場所

山口大学工学部 D11講義室

募集人員

180人

講演 「暮らしの中に広く浸透している宇宙利用技術のこれから」

講師:長井 正彦
山口大学大学院(循環環境工学分野) 准教授
山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター 副センター長

講演 「災害発生箇所把握のための衛星画像解析技術の開発に向けて」

講師:佐村 俊和
山口大学大学院(知能情報工学分野) 准教授
山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター
宇宙航空研究開発機構(JAXA)主任研究開発員

講演 「人はなぜ宙(そら)に惹かれるのか ~宇宙と人をつなぐ138億年の不思議な旅~」

講師:懸 秀彦
自然科学研究機構国立天文台 准教授

スペースアップスチャレンジ

内容

NASAやJAXAの提供データを基に、地球や宇宙の生活向上のためのアプリケーションを開発するイベント。今年で4回目。

日時

平成30年10月20日(土曜日)~21日(日曜日)

場所

勤労青少年会館4階 展示ホール(予定)

募集人員

未定

人工衛星からのオープンデータを活用した講座

内容

応用衛星リモートセンシング研究センターで企画し、オープンデータを活用して防災マップを作成

日時

平成30年11月または平成31年3月

場所

山口大学工学部

対象

小中学生

関連資料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 コミュニティスクール推進課 コミュニティスクール推進係

住所:〒755-0027 宇部市港町一丁目11番30号

電話番号:0836-37-2780

ファックス番号:0836-22-6071