トップ > 報道発表 > 報道発表(2019年度) > 宇部市成年後見センターを開設

ここから本文です。

公開日:2020年3月27日

報道発表

宇部市成年後見センターを開設

~弁護士や社会福祉士の専門職員が対応します~

本市は、令和2年4月1日(水曜日)、宇部市役所1階に、成年後見制度の利用促進のための中核機関として、市直営の宇部市成年後見センターを開設します。開設にあたっては、令和元年10月に「宇部市成年後見制度利用促進体制整備検討委員会」から提出された提言書の内容を踏まえ、多様で複合的なケースの相談に対応するため、センターに弁護士や社会福祉士といった専門職を配置します。また、市民だけでなく支援者(施設や病院などで認知症等の方を援助する人)も対象とした制度の広報・啓発に取り組みます。

今後は、成年後見に関する福祉事業所や各種相談窓口への相談支援、さらに家庭裁判所をはじめとする関係機関との連携を整備し、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる共生型福祉の推進につなげていきます。

成年後見制度とは

認知症や知的障害、精神障害などで判断能力が十分でない人を社会全体で支え合う制度。財産管理や施設入所・入院等の法律手続きを、第三者である「成年後見人」が法律的に支援をする制度。

宇部市成年後見制度利用促進体制整備検討委員会とは

医師、弁護士、支援者、当事者家族で構成。令和元年6月から、成年後見制度の利用促進のための中核機関設置の意義と必要性、設置の基本方針について検討。令和元年10月、市へ「宇部市における中核機関の設置に関する提言書」を提出。

宇部市成年後見センター

開設日

令和2年4月1日(水曜日)

設置場所

宇部市役所1階 地域福祉・指導監査課内

相談時間

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く) 8時30分~17時15分

対象

宇部市民及びその家族、支援者

相談費用

無料

業務内容

  1. 成年後見制度の総合相談
    判断能力が十分でない方やそのご家族、支援者の相談に対応
  2. 広報啓発
    施設や病院、各種団体への出前講座の実施
    市民向け講座の開催
  3. 利用促進
    成年後見制度を利用する方への具体的な助言や申し立ての支援
  4. 後見人支援
    後見人になられた方への業務支援
    (業務内容についての説明や家庭裁判所に提出する報告書の書き方のレクチャーなど)
  5. 利用支援
    成年後見制度を利用する際の支援
    (申立てを行う適当な親族がおられない場合や、後見人に支払う報酬が不足している際の支援など)
  6. 支援機関の連携強化
    専門職団体や高齢者・障害者の支援を行う機関と連携し、様々な支援について検討

職員体制

  • センター長 岡田卓司弁護士(非常勤)
  • スタッフ 宇部市職員(社会福祉士2人)

宇部市成年後見センターイメージ図

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 地域福祉・指導監査課 福祉相談係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8386

ファックス番号:0836-22-6028