トップ > 報道発表 > 報道発表(平成30年度) > 災害から市民を守る情報伝達のための整備計画を策定

ここから本文です。

公開日:2019年1月28日

報道発表

災害から市民を守る情報伝達のための整備計画を策定

~新たに屋外スピーカーなどを整備し、災害死亡者ゼロのまちづくりを進めます。~

本市は、2019年1月10日に宇部市防災情報伝達手段整備計画を策定しました。
現在、携帯電話の緊急速報メール等による防災情報を受け取ることができる市内の世帯は約7割です。この計画により、屋外スピーカーや固定電話一斉配信システム等、防災情報の新たな伝達手段を整備し、残り約3割をカバーし、市内すべての世帯が防災情報を受け取ることができるようにします。
近年多発する地震や大雨などの自然災害から市民の生命と財産を守るため、迅速かつ的確な防災情報伝達手段を整備することにより、防災情報を確実に受け取れる世帯の割合を100%とし、災害死亡者ゼロの災害に強いまちづくりを進めます。

宇部市防災情報伝達手段整備計画

課題

  1. プッシュ型の防災情報伝達手段(携帯電話の緊急速報メール等)により防災情報を受け取れない約3割の住民への伝達手段
  2. 旅行者等の移動中の者に対する防災情報の伝達手段
  3. 災害の発生後に避難所又はその周辺に滞在する被災者に対する、防災情報や生活支援情報等の伝達手段

新たな情報伝達手段の導入

  1. 屋外スピーカー(2021年度運用開始予定)
    • 小学校やふれあいセンター等、市内21ヶ所に設置。
  2. 固定電話一斉配信システム(2019年度運用開始予定)
    • 対象:
      北部6校区を中心に、携帯電話がない等、他の防災情報伝達手段がない方等。(※申し込み手続きが必要)
    • 内容:
      災害時に世帯の固定電話に一斉に防災情報を音声で送信。
  3. 緊急時自動起動防災ラジオ(2021年度運用開始予定)
    • 対象:
      南部18校区を中心に、携帯電話がない等、他の防災情報伝達手段がない方等。(※申し込み手続きが必要。経費の一部自己負担あり)
    • 内容:
      災害時に、信号が発信され、その信号を受信することでラジオが自動起動し、起動したラジオから災害放送が放送される。

スケジュール(予定)

スケジュールの図

関連資料

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:防災危機管理監 防災危機管理課 防災危機管理係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8139

ファックス番号:0836-29-4266