トップ > よくある質問と回答 > 市税 > 【軽自動車税】 今年の5月に買った軽自動車の車検を受けるにあたり、手続に必要な納税証明がありません。どうしたらいいでしょうか?

ここから本文です。

更新日:2020年3月2日

【軽自動車税】 今年の5月に買った軽自動車の車検を受けるにあたり、手続に必要な納税証明がありません。どうしたらいいでしょうか?

質問

今年の5月に買った軽自動車の車検を受けるにあたり、手続に必要な納税証明がありません。どうしたらいいでしょうか?

回答

軽自動車税(種別割)は毎年4月1日の所有者に対して課税されます。したがって、4月2日以降に新しく車の所有者となられた人には軽自動車税(種別割)はかかりません。

ところで、車検の際には、所有者の納税証明が必要になります。このため、軽自動車税(種別割)が課されていない人が車検を受けられる場合、市民税課および各市民センター窓口で車検用の納税証明書を発行できます。窓口で証明の申請をされる際、軽自動車税(種別割)が課税されていないことを申し出てください。

なお、軽自動車税(種別割)が課税され、窓口で納められている人は、毎年5月に発送する納税通知書兼納付書に、車検を受ける際に納税証明書としてお使いいただける継続検査用納税証明書がついていますので、そちらをご利用ください。

口座振替により納付されている人には、6月中旬に継続検査用軽自動車税納税証明書を郵送しますのでこちらをご利用ください。

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 市民税課 税制係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8197

ファックス番号:0836-22-6084