トップ > よくある質問と回答 > 市税 > 【証明書】 年度途中で土地の名義変更をした場合、新しい所有者がその年度の固定資産税の評価・課税証明をとるためにはどのようにすればいいですか?

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

【証明書】 年度途中で土地の名義変更をした場合、新しい所有者がその年度の固定資産税の評価・課税証明をとるためにはどのようにすればいいですか?

質問

年度途中で土地の名義変更をした場合、新しい所有者がその年度の固定資産税の評価・課税証明をとるためにはどのようにすればいいですか?

回答

証明が必要な年度の賦課期日(その年の1月1日)以降に所有者となった人が証明を申請される場合は、所有権移転の分かるもの(登記事項証明書等)が必要です。

なお、年度途中に所有者となった人に発行するその年度の証明書には、納税義務者(旧所有者)の住所氏名等の情報は記載されません。

また、賦課期日以降に新築された建物や分筆された土地については、翌年度からの課税となり、証明書も翌年4月からの発行になります。

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 市民税課 税制係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8197

ファックス番号:0836-22-6084