トップ > よくある質問と回答 > 市税 > 【固定資産税】 減額となる住宅の床面積の要件には、別棟で建てた車庫の床面積も含めますか?

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

【固定資産税】 減額となる住宅の床面積の要件には、別棟で建てた車庫の床面積も含めますか?

質問

250平方メートルの一戸建て住宅と、別棟で40平方メートルの車庫を新築しました。新築住宅に対する減額措置の対象になりますか?

回答

車庫や物置など、住宅に附属して建てられた建物も、居住用建物として(居住)床面積に合算されます。

別棟で建てた車庫が、住宅と一体として利用される場合は、車庫の床面積を含めて判定することになります。

あなたの場合、その合計が290平方メートルであり、280平方メートルを超えているので、新築住宅に対する減額措置の適用は受けられません。

※新築住宅に対する軽減措置については「新築住宅に対する減額措置・その1」をご覧ください。

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 資産税課 家屋係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8195

ファックス番号:0836-22-6053