トップ > よくある質問と回答 > ひとり親家庭支援 > 遺族年金と児童扶養手当を両方受けることはできますか。

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

遺族年金と児童扶養手当を両方受けることはできますか。

質問

遺族年金と児童扶養手当を両方受けることはできますか。

回答

 申請者および対象児童の受給年金額が、申請者の所得に応じた児童扶養手当の手当額よりも低い場合、年金額との差額を受給することができます。
 受給の可否を判断するためには、申請者の所得に応じた児童扶養手当から、申請者の年金額と対象児童の年金額の合計を差し引いて差額を求めます。計算の結果、差額がマイナスの場合は児童扶養手当を受給することはできません。
 なお、差額がマイナスで児童扶養手当を受給することができない方でも、ひとり親家庭医療費助成制度が受けられることがありますので、ご相談ください。(所得制限あり)

お問い合わせ

組織名称:こども・若者応援部 子育て支援課 手当・医療係

住所:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8330

ファックス番号:0836-22-6051