テーマ(2)「モビリティ」

ウェブ番号1013988  更新日 2021年11月17日

印刷大きな文字で印刷

解決したい課題

ときわ公園は、常盤湖を中心に広さ約189ヘクタールにも及ぶ広大な敷地を誇ります。

園内には、動物園、植物館、遊園地、野外彫刻、石炭記念館の施設のほか、四季折々の景観が楽しめる周遊園路があります。

今後も市民の憩いの場、県内の観光地として公園が発展していくためには、共生社会の進展に対応し、足の不自由な方でも園内の散策が楽しめ、また、若者を中心としたこれまで公園を利用していない方に興味を持っていただける公園となるよう、新しい技術や考え方を取り入れた公園づくりをしていく必要があります。

実現したい未来

ときわ公園という閉鎖空間の中で安全性に配慮しながら来園者が楽しめる新技術を活用したモビリティの導入により、年齢や障害の有無に関わらず誰もが訪れてみたい、市民にとって誇りを持てる公園を目指します。

そのために、今回、実証実験にとどまることなく、将来的な実装を目指して、企業等が新たなサービスや製品の実証場所として活用し、モビリティの導入による公園の魅力創出のための実証提案や実証事業を募集します。

なお、将来的には公園での実証提案や実証実験を活かし、モビリティを活用した利便性の向上を市街地等で実現したいと考えています。

<実証提案・実証事業の例>

  • 園内移動手段として複数の方が乗車可能な新しいモビリティの導入(電気バス、水陸両用バスなど)
  • 園内移動手段として個人又は少数で楽しめる新しいモビリティの導入(電動キックボード、セグウェイなど)
  • 車両の位置情報を元に自動的に車内放送されるAI音声の観光ガイドの導入
  • 遠隔型自動運転システム(配車・運行管理など)の導入

これまでの市の取組

  • 園内電気バス運行(平成26年~令和2年10月)
  • グリーンスローモビリティを市街地で導入(令和2年9月~)

参考データ

印刷用pdf

本ページの記載内容を印刷用pdfとしてまとめたものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

産業経済部 成長産業創出課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 成長産業の創出に係る施策の企画立案、調整及び推進に関すること
    電話番号:0836-34-8531 ファクス番号:0836-22-6013
  • イノベーションの推進、デジタル分野 技術の活用推進に関すること
    電話番号:0836-34-8118 ファクス番号:0836-22-6013

産業経済部 成長産業創出課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。