サウンディング型市場調査の結果概要

ウェブ番号1006475  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

旧山口井筒屋宇部店の利活用に向けて

旧山口井筒屋宇部店の利活用に向けて、民間事業者との「対話」(サウンディング型市場調査)を実施しました。民間活力を導入しながら、中心市街地における多世代のにぎわい創出の拠点とするため、民間事業者から実現可能なアイデアをお聞きしましたので、その結果を公表します。

サウンディングの概要

旧山口井筒屋宇部店の利活用について、求める事業提案は以下の1.2.いずれかを選択していただきました。

  1. 宇部市の方針に基づき、事業に参画(出店)意欲のある事業者からの事業提案
  2. 活性化につながる企画案を考え、自らが事業を実施する事業提案

宇部市の方針

令和元年11月11日に公表した「旧山口井筒屋宇部店の利活用方針」に基づき、

  • ア)旧山口井筒屋宇部店の既存建物の5階、6階を解体して減築し、4階以下を改修して活用
  • イ)集客を図るため、改修後の施設には、店舗に加え、「(仮称)子どもプラザ」や「まちなか図書館」、「ギャラリー」などの配置を予定

サウンディングの参加者

3事業者(事業者名は非公表)

サウンディング結果

サウンディングの結果、全ての事業者が1.「宇部市の方針に基づき、事業に参画(出店)意欲のある事業者からの事業提案」を提出されました。

提案内容は、にぎわい創出を図るための事業提案や企画など、多くの工夫がみられ、複合施設として相乗効果を図る提案でした。

結果概要表(結果の詳細について別紙参照)

 

A社

B社

C社

事業

コンセプト

健康関連機能

(会員制)

こどもプラザ、ギャラリー、ライブラリー、ショップ&サービス等

こどもプラザ、イベントスペース、ブック&カフェ、まちなか図書館、地域商材販売等

使用階数 4階の一部 地下1階~4階 1、2階
想定集客数 約6万人 約40~60万人 約70万人

サウンディング結果を踏まえた今後の予定

事業提案者と協議を行い、連携協定等を行った上で、提案内容を基本計画に反映させていきます。

なお、現在、新型コロナウィルスの感染状況が予断を許さないことから、具体的な時期については適切に判断して進めていきます。

参考

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合戦略局 中心市街地にぎわい創出推進グループ
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 中心市街地のにぎわい創出の推進に関すること
    電話番号:0836-34-8167 ファクス番号:0836-22-6008

総合戦略局 中心市街地にぎわい創出推進グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。