トップ > 市の紹介・市政 > 計画・施策 > 地域再生・活性化推進 > 宇部市過疎地域自立促進計画(平成28年度~平成32年度)

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

宇部市過疎地域自立促進計画(平成28年度~平成32年度)

過疎地域自立促進計画は、過疎地域自立促進特別措置法に基づき過疎地域として公示された市町村が地域の自立促進を図るために策定するもので、計画を策定することにより、国から財政上の特別措置を受けることができます。

宇部市は、平成16年に隣接する楠町と合併しましたが、過疎地域自立促進特別措置法に基づく過疎地域であった旧楠町の区域は、合併後も引き続き過疎地域とみなされたため、宇部市過疎地域自立促進計画を策定し、地域の活性化に向けた取組を行ってきました。

平成28年3月末が失効期限とされていた過疎地域自立促進特別措置法が改正され、法の失効期限が延長されるとともに、内容の一部も改正されたことを受けて、新しい宇部市過疎地域自立促進計画を策定しました。

パブリックコメントの実施結果

「宇部市過疎地域自立促進計画(平成28年度~平成32年度)(素案)」に対する意見募集(パブリックコメント)について、貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございました。
いただいたご意見に対する市の考え方をまとめましたので公表します。

計画の概要

対象地域

旧楠町

計画期間

平成28年度から平成32年度

計画の構成

  1. 基本的な事項
  2. 産業の振興
  3. 交通通信体系の整備、情報化及び地域間交流の促進
  4. 生活環境の整備
  5. 高齢者等の保健及び福祉の向上及び増進
  6. 医療の確保
  7. 教育の振興
  8. 地域文化の振興等
  9. 集落の整備

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:政策広報室 政策調整課 政策調整係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8891

ファックス番号:0836-22-6063