トップ > まちづくり・ビジネス > 宇部移住計画 > 宇部多世代共働交流まちづくり(宇部CCRC)

ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

宇部多世代共働交流まちづくり(宇部CCRC)

CCRCとは、Continuing Care Retirement Communityの頭文字をとった言葉で、高齢者が移り住み、健康な時から介護・医療が必要となる時期まで継続的なケアや生活支援サービス等を受けながら、生涯学習や社会活動等に参加する共同体で、アメリカ発祥の高齢者居住コミュニティのことです。

日本版CCRCは、「生涯活躍のまち」と名付け、主としてアクティブシニアを対象としているのに対し、宇部CCRCは、さらに対象を拡大し、子育て世代から高齢者までの移住・定住促進を図り、「多世代共働交流まちづくり」の実現を目指します。

宇部多世代共働交流まちづくり基本計画

宇部多世代共働交流まちづくり(宇部CCRC)構想

「宇部市まち・ひと・しごと創生総合戦略」(平成27年10月策定)における、5つの基本目標の一つ「新しい人の流れをつくる」の実現に向け、平成28年3月31日に宇部多世代共働交流まちづくり(宇部CCRC)構想を策定しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 政策企画グループ  

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008