ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

利用権設定

利用権設定とは

農業経営基盤強化促進法に基づいて、市町村が定める農用地利用集積計画によって農地の権利(貸し借り)を設定する制度です。

利用権設定の特徴

貸した農地は、契約期間が満了すれば自動的に返還してもらえます。

引き続き貸し借りを希望する場合は、再設定することができます。

利用権設定の申し出

  • 提出書類:農用地利用集積事業利用権設定申出書
  • 締切日:毎月15日

※相続登記未了などにより、土地所有者と利用権の設定をする方(貸し手)が異なる場合は、同意書が必要です。

※農業生産法人以外の法人が農地の借り手となる場合は、確約書が必要です。

利用権設定の公告

利用権設定は、農業委員会の決定を経て、公告によって有効となります。

貸し借りは、締切日の属する月の翌々月の1日から開始されます。

※締切が2月15日の場合、開始は4月1日からです。

申請書類様式

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:北部・農林振興部 農林振興課 農地活用・担い手係

所在地:〒757-0292 宇部市大字船木字東番田365番地1

電話番号:0836-67-2822

ファックス番号:0836-67-2316