ここから本文です。

更新日:2018年5月14日

各種証明・届出

非農地証明

申請された農地の現況が、農地として復元することが困難な状態にある場合や以前より農地以外の目的で利用されている場合に限ります。

承認の基準

平成23年4月から、承認の基準が変わりました。

  • 宅地や道路などに利用され、20年以上を経過しているもの。
  • 耕作放棄が10年以上経過し、灌木などが繁茂しているものであり、農地として復旧するために相当の費用、時間および労力を要するもの。
  • 災害により、農地として原状回復することが困難な場合。
  • 農業委員との現地での立会いが必要です。

納税猶予制度に係る相続・贈与の証明

相続税・贈与税の納税猶予制度に必要な適格者証明を交付いたします。

申請の注意点

  • 納税猶予の適用を受けた場合、途中で耕作をやめたり、転用を行ったりすると適用が打ち切られる可能性がありますので、必ず事前に宇部税務署及び宇部県税事務所にご相談をお願いします。

相続税・贈与税の内容につきましては、国税庁のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

競売に係る買受適格者証明

裁判所による競売物件が農地の場合に必要です。
総会による審議が必要となるため、すぐに証明書の発行ができませんので、早めにご相談ください。

相続等による農地等の権利取得届

平成21年12月15日に改正農地法が施行され、相続によって農地を取得した人は、農地のある農業委員会に届け出が必要です。

農地転用届

農地を自己の農地への利用・保全のために必要な施設(水路・農道等)や2アール(200平方メートル)未満の農地を自己用の農業用施設(農業用倉庫等)に転用する場合は、許可不要ですが届出が必要です。

農地使用目的変更届

田として耕作していた農地を造成し、畑として利用する際、開発や宅地などの造成と誤認されないために届け出ていただく書類です。
ただし、造成せずにそのまま畑として利用されるときは、不要です。

耕作証明書

通常は、市内の農地等の権利移動の許可申請(農地法第3条)を提出するときに必要な添付書類ですが、宇部市内で耕作をしているかたが、他市の農地等の権利移動の許可申請を提出するときなどに証明します。

お問い合わせ

組織名称:農業委員会事務局 農地係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8731

ファックス番号:0836-22-6079