本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

ここから本文です。

更新日:2015年8月19日

農地の売買と賃借等

農地の売買・賃借等(農地法第3条)

農地を耕作目的で所有権の移動(売買・贈与等)や賃借権等の権利を設定する場合は、農地法第3条の許可が必要です。
農業委員会は、農地の取得者・借り手が農地を効率的に利用できるかどうかについて、農業経営の状態、経営面積等を審査して一定の基準に適合する場合に許可することとしています。

申請の注意点

農地法第3条の許可を受けるには、下記要件を満たす必要があります。

全部効率利用要件(農地法第3条2項1号)

農地の権利を取得しようとする者又はその世帯員等(2条2項に規定する世帯員等(住居及び生計を一にする親族並びに当該親族の行う耕作の事業に従事するその他の二親等内の親族)をいう。)が、権利を有している農地及び許可申請に係る農地のすべてについて、効率的に利用して耕作の事業を行うと認められるか。

※所有している又は賃借している農地を耕作しているか、また、申請地が取得後、耕作可能な状態であるか確認します。

農作業常時従事要件(農地法第3条2項第4号)

農地の権利を取得しようとする者(農業生産法人を除く)又はその世帯員が、その取得後において行う耕作に必要な農作業に常時従事(原則年間150日以上)すると認められるか。

※申請者及び世帯員等が農作業に従事する日数が年間150日以上であるか確認しますが、150日未満であっても、当該農作業を行う必要がある場合に限り農作業に従事していれば要件を満たすこととなります。

下限面積要件(農地法第3条2項第5号)

取得後の農地の面積の合計が都府県では原則50a(北海道にあっては2ha)以上必要です。また、地域の実情に応じて、農業委員会が別段の面積を定めることが可能となりました。

宇部市農業委員会では、管内の下限面積を次のように定めています。

地域 下限面積
宇部市全域 50アール
下限面積設定理由

担い手農家等へ農地の集積を図っている状況もあり、現在のところ農地法第3条第2項第5号で定められている下限面積50アールとしています。今後の本市の情勢を見守りながら、変更が必要と判断したときに、改めて検討していきます。

※取得者・借り手が耕作している農地が、50アール(5,000平方メートル)以上必要です。
(所有権に基づき耕作している農地、行政手続による賃借権等の権利設定をして耕作している農地、今回の申請で取得・賃借等の予定の農地を合わせた登記上の面積)

地域との調和要件(農地法第3条2項第7号)

取得後において行う耕作の事業の内容及び農地の位置・規模からみて、農地の集団化、農作業の効率化その他周辺の地域における農地の農業上の効率的かつ総合的な利用の確保に支障が生じないか確認します。

  1. 集落営農や担い手への集積等により、既に農地が面的にまとまった形で利用されている地域で、その利用を分断するような権利取得。
  2. 水利調整について、地域の農業者が一体的な取組を行っているような地域で、このような取組に参加しない営農が行われることにより、地域における取組が阻害されるような権利取得。
  3. 無農薬や減農薬での付加価値の高い作物の栽培の取組が行われている地域で、農薬使用による栽培が行われることにより無農薬栽培等が事実上困難になるような権利取得。
  4. 集落が一体となって特定の品目を生産している地域で、その品目に係る共同防除等の営農活動に支障が生ずるおそれのある権利取得。
  5. 地域の実勢の借賃に比べて極端に高額な借賃で契約が締結され、周辺の地域における農地の一般的な借賃の著しい引上げをもたらすおそれのある権利取得等。

申請に必要な書類

番号 事項 法の条項 様式
1 農地等の権利移動の許可申請 3条1項 3条申請(PDF:125KBWord:427KB
記載例:(PDF:202KB
2 許可取消申請書 3条1項 3条取消(PDF:30KBWord:50KB
3 農地等賃貸借契約書(解除条件付き) 3条3項 3条契約(PDF:92KBWord:63KB
4 農地等利用状況報告書 3条6項 3条報告(PDF:55KBWord:37KB
5 農業生産法人報告書 6条1項 法人報告(PDF:80KBWord:110KB
6 農地等賃貸借解約等通知書 18条6項 18条解約(PDF:51KBWord:60KB

農用地利用集積計画による賃借等

農業経営基盤強化促進法による農用地利用集積計画による利用権の設定があります。詳細につきましては、農林振興課農林政策係(電話番号:0836-67-2822)へお問合せください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:農業委員会事務局 農地係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8731

ファックス番号:0836-22-6079