トップ > まちづくり・ビジネス > 建築・開発・土地 > 開発行為 > 国土利用計画法(国土法)

ここから本文です。

更新日:2018年12月26日

国土利用計画法(国土法)

1. 届出の必要な土地取引

土地売買等の契約の面積が、都市計画区域内においては5,000平方メートル以上、都市計画区域外においては10,000平方メートル以上の場合に届出が必要です。

2. 届出の期日など

契約を締結した日から数えて2週間以内(契約締結日を含みます。)に届け出て下さい。

届出を受けた知事は、土地の利用目的について審査を行い、勧告を行う場合は届出を受け付けてから3週間以内に知事より通知されます。

届出をしなかったり、偽りの届出をすると6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金に処されることがあります。

3. 届出に必要な書類及び添付図書

  • 土地売買等届出書
  • 土地取引に係わる契約書の写し
  • 位置図(土地の位置を明らかにした縮尺50,000分の1以上の地形図)
  • 現況図(土地及びその付近の状況を明らかにした縮尺5,000分の1以上の図面)
  • 公図(土地の形状を明らかにした図面)
  • 実測求積図(実測面積による売買を行う場合)

※契約書の写し及び添付図面については各2部提出して下さい。

詳細については山口県地域振興部地域政策課のページをご覧下さい。

お問い合わせ

組織名称:都市整備部 建築指導課 開発指導係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8440

ファックス番号:0836-22-6013