トップ > まちづくり・ビジネス > 環境保全 > 環境首都コンテスト > 環境首都コンテスト(第10回)

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

環境首都コンテスト(第10回)

総合第9位、人口規模別第4位

第10回「日本の環境首都コンテスト」が開催され、宇部市は総合第9位、人口規模別第4位となりました。
また、先進事例数12として魅力ある環境のまちづくり特別表彰を受賞しました。

表彰式写真

総合9位 特別賞表彰状
総合9位 魅力ある環境のまちづくり特別表彰

第10回の結果

総合順位
参加自治体数 宇部市順位
58自治体 9位
人口規模別順位(人口10万人以上、30万人未満)
参加自治体数 宇部市順位
総合順位 地球温暖化防止部門 住民参画部門
16自治体 4位 3位 9位

レーザーチャート

分析

本コンテストは、第10回までの開催となっており、その質問は自治体の施策、制度の有無だけでなく、その内容と効果の重視、市民参画やパートナーシップによる施策推進等の要素の組み込み等を評価するものになっています。そして、10年間を3期に分けて質問構成と配点を見直し、さらに毎年徐々に進化・深化しています。最終回となる今回は、環境行政のマスタープランである「第二次宇部市環境基本計画」を策定し、それに基づく施策の実績を積み重ねていく段階であったため、効果重視の本コンテストの質問では得点に結びつかず、総合得点は521点となりました。しかしながら、最終回にベストテン入りしたことは、本市の環境施策が高い評価を得ていると、大きな自信となりました。今後も施策を継続するとともに、取り組みの弱い施策を強化して、本市の目指す環境首都を創造していきます。

環境首都コンテストとは

「環境首都コンテスト全国ネットワーク」というNGOのグループが実施しています。自治体のあらゆる施策に対して、環境への配慮や住民との協働がなされているかという点について、質問票や聞き取りによる調査を行い、獲得ポイントの高い自治体を表彰するものです。総合順位が1位、合計ポイントが満点の70%以上などの条件をクリアした自治体に「環境首都」の称号が贈られます。2001年に始まり、最終年の第10回は、総合第1位を獲得した熊本県水俣市が、コンテスト始まって以来初めて、「環境首都」の称号を取得しました。
 詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 環境政策課 地球温暖化対策係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8245

ファックス番号:0836-22-6016