本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 環境先進都市 うべ > グローバル500賞受賞

ここから本文です。

更新日:2014年3月25日

グローバル500賞受賞

グローバル500賞とは

グローバル500賞賞状 グローバル500賞は、UNEP(国連環境計画)が、持続可能な開発の基盤である環境の保護及び改善に功績のあった個人又は団体を表彰する制度で、一般部門と青少年部門があり、毎年6月5日の世界環境の日に授与式が行われてきました。
1987年から1991年までの5年間に、全世界で約500人(又は団体)を表彰する計画であったことからグローバル500賞と呼ばれています。この表彰制度は1992年以降も継続されており、その受賞者は700人(又は団体)を超えました。2004年以降この賞は「チャンピオン・オブ・ジ・アース賞」に置換えられています。

宇部市グローバル500賞受賞

 UNEPの設立から25周年にあたる1997年、宇部市が環境保全に貢献のあった世界各国の21の個人(又は団体)のひとつに選ばれ、この名誉ある賞を受賞しました。これは、戦後の石炭産業の発展に伴い引き起こされた降下煤塵(ばいじん)による大気汚染の防止対策をはじめ、市民の生活環境を守るため、「宇部方式」に より一貫して取り組んできた環境保護・改善対策が諸外国においても広く活用できるものとして、国際的に評価されたものです。
 このグローバル500賞受賞をうけて、同年10月には、国・県と共催し、山口・宇部’97国際シンポジウムを開催。国内外の専門家を集め、「公害対策の原点から地球環境保全を探る」をテーマとして、都市大気汚染問題と地球温暖化問題に対する方策や国際環境協力の推進について議論し、「宇部アピール」としてまとめ、世界へと発信しました。さらに、12月には、京都で開かれた地球温暖化防止京都会議(COP3)の関連ワークショップの席上、「宇部方式」の精神と公害対策の事例を発表し、諸外国の参加者から大きな支持を得ました。

受賞の背景

宇部市環境対策の略年表
1949年10月 議会内に「降ばい対策委員会」を設置し、ばいじん汚染対策に着手。
1950年5月 降下ばいじん量の測定を開始し、結果を毎月地方紙に公表。
1951年6月 条例により「宇部市ばいじん対策委員会」を設置。
1957年12月 ばいじん対策の数値目標を設定。
1960年6月 SOx対策にも対応するため「大気汚染対策委員会」を設置。
1964年5月 第5回大気汚染研究全国協議会が宇部市で開催される。
1965年7月 宇部方式の取組が、人命、安全を尊重する社会開発の模範事例であるとして、内閣総理大臣賞を受賞。
1967年11月 宇部方式による地域ぐるみの公害対策の取組に対し、自治大臣から表彰を受ける。
1970年10月 「大気汚染対策委員会」を発展的に改組し「公害対策審議会」を設置。
1971年4月 市内主要工場と公害防止協定を締結。
1976年7月 宇部市環境保全条例を制定。
1983年10月 公害追放の市民運動にとどまらず花と緑いっぱいの市民運動にまで発展させた功績で、「緑の都市賞」を建設大臣から受賞。
1987年5月 「緑化推進運動功労者」として、内閣総理大臣表彰を受賞。
1990年3月 宇部方式による公害対策や緑化事業に対する自治的取組が評価され、優良地方団体自治大臣表彰を受賞。
1990年9月 臨海工場群からの悪臭問題に対処するため、環境悪臭モニター制度を発足。
1991年10月 都市緑化の推進が評価され、都市景観百選(真締川周辺)建設大臣表彰を受賞。
1994年11月 「公害対策審議会」を発展的に改組し「環境審議会」を発足。
1995年3月 市民工房や学習室を設置したリサイクルプラザの完成。
1996年7月 日本農業気象学会が主催する地球規模の食糧、環境問題をテーマとしたシンポジウムを誘致。
1997年6月 姉妹都市ニューカッスル市で開催された「持続可能エネルギーと環境テクノロジー展」への地元企業の出展を支援。
1997年6月 UNEP(国連環境計画)から宇部方式が国際的にも高く評価されグローバル500賞を受賞。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 環境政策課 地球温暖化対策係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8245

ファックス番号:0836-22-6016