ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

入札・契約制度を見直します

平成28年度からの入札・契約制度について、次のとおり見直しますのでお知らせします。

1 条件付一般競争入札の拡大について

目的

「地方自治法」及び「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に規定する運用指針の趣旨に基づき、競争参加者の設定方式の原則となっている一般競争入札の対象を拡大するものです。

なお、簡易公募型指名競争入札(設計金額が1,600万円以上の工事)は廃止します。

(総合評価競争入札は、設計金額が1億円以上の土木一式工事が対象です。)

内容

  • 現行 設計金額が1億円以上の工事
  • 改正後 設計金額が1,000万円以上の工事

2 建設工事の入札不調への対応について

目的

入札不調が増加していることから、入札を円滑に執行し受発注者双方の負担を軽減するため、見直すものです。

内容

ア 条件付一般競争入札の拡大

上記のとおり

イ 指名人数の拡大

設計金額が500万円未満(建築一式工事は700万円未満)のときの指名人数を拡大します。

  • 現行 7人以上
  • 改正後 9人以上

ウ 1者入札の取扱いの見直し

当面の間、指名競争入札のときの入札参加者が1者となった場合の入札中止制度を見直します。

  • 現行 入札を中止
  • 改正後 入札を執行(予定価格を事前公表するものを除く。)

3 手持工事数の見直しについて

目的

条件付一般競争入札に係る土木一式工事の手持工事数について、市内業者の受注機会の確保、受注の平準化等の観点から設けられた手持工事数の制限を近年の発注状況及び上下水道局の統合等を考慮して見直すものです。

内容

  • 現行 土木一式工事A等級で4件、土木一式工事B等級で2件
  • 改正後 土木一式工事A等級で4件(市長部局で1件、上下水道局で3件)、土木一式工事B等級で3件(市長部局で1件、上下水道局で2件)。ただし、下位等級区分に該当する設計金額の工事は、手持制限の対象外とします。  

4 予定価格の事後公表の試行について

目的

平成26年度から試行している工事等の入札に係る予定価格の事後公表を本格実施するものです。

内容

  • 現行 一部試行
  • 改正後 本格実施

5 施行

平成28年4月1日

6 関係要領等

  • 宇部市条件付一般競争入札事務処理要領の改正
  • 宇部市建設工事条件付一般競争入札参加条件基準の廃止
  • 宇部市簡易公募型指名競争入札事務処理要領の廃止
  • 宇部市建設工事等請負業者選定要綱の改正
  • 宇部市予定価格事後公表試行要領の改正

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 契約課 契約係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8183

ファックス番号:0836-22-0686