本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

ここから本文です。

更新日:2016年1月22日

平成27年度健康学部の講義

平成27年度に開講された、健康学部の各講義の実績です。

平成27年12月12日(土曜日)

「地域での健康づくり研究発表会」 13時30分~16時30分

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

地域での健康づくりの課題について、班で研究したことを発表。

発表テーマ

    • 「生涯現役のために」
    • 「ウォーキングをして健康になろう!!」
    • 「お口を健康にしよう」
    • 「健康自力寿命を如何にして伸ばすか」
    • 「はつらつポイント活用法」

12月12日の健康学部の講義の様子2

各班それぞれの手法で、研究発表を行いました。既定の講座と別に集まり話合いを行った班もあるなど、発表の準備のために十分な時間を費やしただけに、発表も理解しやすく、聞きやすい内容となった。
発表終了後は、各受講生の全てに「ホッとした様子」が見られました。

「健康まちづくりサポーターの活動紹介」

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

健康まちづくりサポーターの活動の話をきき、役割等を理解。

12月12日の健康学部の講義の様子1

健康まちづくりサポーターの牧野さんなどから、健康まちづくりサポーターの概要や役割、年間を通した具体的な取り組み内容を聞きました。
サポーターの説明や配布資料を熱心に聞く姿に、多くの受講生の、サポーター登録への期待がもてる内容となりました。

平成27年11月14日(土曜日)

「地域での健康づくりを考えよう」 13時30分~16時30分

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

課題研究発表に向けた各班での話し合い

11月14日の健康学部の講義の様子

前回と同様に、各班とも「早く話し合いがしたい」という気持ちが強く感じられた。
紙、マジックペン、握力計、体重計、プロジェクター、市医療費のデータやコピーなど様々なものが、事務局へ要求されました。
各自が家庭等で準備した宿題を班内で共有するとともに、その内容を発表用紙に記入したり、持参したパソコンに入力していました。
各自次の宿題を決め、早々と解散する班、発表の実演を終了時間を超えて行う班、ひたすら話し合いをする班など様々な班が見られました。
12月12日の研究発表に向け、別の日に話し合いの時間をとる班が大勢を占めました。

平成27年10月10日(土曜日)

「地域での健康づくりを考えよう」 13時30分~16時30分

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

課題研究発表に向けた各班での話し合い

10月10日の健康学部の講義の様子

開始時間前から、話し合いを始める班が見られました。この時期になると、班内での話し合いがスムーズに進むようだが、3名のサポーターが参加したことで、より充実した話し合いとなりました。前回の欠席者に説明をする班、作成資料や発表テーマに不安を感じる班、体を動かし発表の実演する班、役割分担を決める班、各自宿題を持ち帰る班などが見られました。

平成27年9月12日(土曜日)

「チェック!私のお口の環境」 13時30分~16時30分

講師

みさき歯科院長・宇部歯科医師会副会長 神吉ゆかり

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

元気に過ごすための口腔ケアを学ぶ。

9月12日の健康学部の講義の様子1

歯ブラシの使い方や使うときのコツ、注意点等を学びました。また、「体の健康はお口から」や「食べる楽しみいつまでも いきいき歯っぴーライフ」の内容に関する講師の話に、うなずき関心をよせる受講生が、多く見られました。

「地域での健康づくりを考えよう5.」

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

歯周疾患検診等に関する本市の現状と課題からグループワークを行う。

9月12日の健康学部の講義の様子2

歯周疾患検診等に関する本市の現状と課題が、数多く提供されました。グループワーク後の各グループの発表では、歯周疾患検診推進のため「企業のチラシに掲載する」などのアイデアが出されました。また、「無料検診クーポンがあることを知らない」という意見も出されました。

「地域での健康づくりを考えよう6.」

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

グループで取り組む課題研究テーマを決める。

9月12日の健康学部の講義の様子3

当講座最終回に向けたグループでの課題研究発表の取り組みが始まりました。始めに、発表のテーマ決めを話し合いましたが、日頃からの関心の高さから、白熱した議論となりました。今後の展開に、大きな期待が持てる内容となりました。

平成27年8月8日(土曜日)

「知っておきたいがんの最新情報」 13時30分~16時30分

講師

山口大学医学部附属病院腫瘍センター 副センター長 吉野 茂文

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

がんの最新情報を学ぶ。

8月8日の健康学部の講義の様子1

「がんってどんな病気」「がんは早期発見が大事」「がんに対する治療」などをキーワードに、がんについて学びました。多くの受講生から様々な質問が、講義終了時間を超えて出され、がんに対する関心の高さがうかがえました。

「危険ドラックについて」

講師

山口県宇部健康福祉センター 保健環境部 生活環境課 山本 洋一郎

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

社会問題になっている危険ドラッグの現状と課題について学ぶ。

8月8日の健康学部の講義の様子2

危険ドラッグの素材、体や社会に与える影響などを学びました。毎回、熱心にメモをとる受講生を見るたびに、この関心が、より多くの市民に広がれば、より住みやすい宇部市になると思われました。

「宇部市のがん検診と喫煙について」

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

宇部市のがん検診と喫煙についての現状と課題を学ぶ。

市のがん検診と喫煙についての現状と課題を学びました。がん検診では、現在の受診率や国や県が目指す受診率の目標数値、市のがん検診の取り組みなどを学びました。また、喫煙では、小・中学生への意識調査(身近な人に喫煙をする人がいるかどうか)の数値や市の喫煙マナーの向上に関する取り組みなどを学びました。 

平成27年7月11日(土曜日) 

「宇部市の救急医療の現状と課題」 13時30分~16時25分

講師

宇部・山陽小野田消防局 宇部中央消防署 救急救命士 中尾 龍幸

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

宇部市の救急医療の現状と課題について学ぶ。

7月11日の健康学部の講義の様子1

宇部市の救急搬送件数、年齢や傷病別搬送、救急車の現場到着時間などについて学びました。また、救急車の誤った利用の仕方など、多くの課題が提供されました。

「大切な人を守るために」 

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

ゲートキーパーの基礎を学習し、地域で実践できる力を養う。

7月11日の健康学部の講義の様子2

ゲートキーパーの役割や自殺者の推移等の状況について学びました。また、自殺を考えている人とのかかわり方について、事例を通してグループで話し合い、理解を深めました。

「地域での健康づくりを考えよう」 

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

救急医療や自殺の状況に関する宇部市の現状や課題を学ぶ。

7月11日の健康学部の講義の様子3

宇部市休日・夜間救急診療所の建設経緯、利用状況、様々な課題などについて学びました。本日の講義全般にわたり、受講生の関心の高さから、講師等への質問や意見が多く出され、講座にかかる時間運営が上手く進まない状況となりました。

平成27年6月13日(土曜日) 

「人生を最後まで楽しく」 13時30分~16時30分

講師

宇部フロンティア大学 前学長 左利 厚生

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

単なる「長生き」でなく、健康に人生を最後まで過ごすピンピンコロリ術を学ぶ。

6月13日の健康学部の講義の様子1

健康評価の指標(平均寿命や健康寿命など)や世界と比較した日本の高い医療水準などの現状を学びました。講義内容にうなずいたり、メモを取る受講生が見られました。

「健康づくりと食生活 ~元気でいきいき暮らすために~」 

講師

宇部フロンティア大学短期大学部 准教授 溝田 美苗

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

元気でいきいき暮らすために、健康づくりと食生活の関りを学ぶ。

6月13日の健康学部の講義の様子2

日頃の何気ない食生活の内容や意味について、考えさせられる良い機会となりました。野菜や塩分の取り方などについて、興味や関心をもつ受講生が見られました。

「地域での健康づくりを考えよう」 

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

健康寿命や食生活に関する宇部市の現状や課題などからグループワークを行う。

6月13日の健康学部の講義の様子3

山口県内における宇部市の平均寿命や健康寿命、野菜や塩分の摂取量などの現状を学びました。その後、講座を振返り、感想や興味を持った内容などの話合いを各グループで行いました。

平成27年5月16日(土曜日) 

「宇部市の健康づくりの取組み等について」 13時30分~16時45分

講師

宇部市健康推進課職員

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

健康づくり推進条例や健康づくり計画など、市の健康づくりの取組み等を学ぶ。

5月16日の健康学部の講義の様子1

市の取組みの関連資料を見ながら、真剣に講義を聴く受講生の姿がありました。
「市の取組みを知らない」の意見が出されるなど、早速、問題の提起がされていました。

「課題研究発表への取組み方法等について」 

講師

山口大学 准教授 檀原 三七子

場所

宇部市保健センター 健診ホール

講義内容

健康学部の課題研究発表への取組み方法等について学ぶ。

5月16日の健康学部の講義の様子2

課題研究発表の効果的な手法を学習しました。
講座が始まったばかりですが、班内で活発な意見交換がされ、他の班の発表に真剣に耳を傾けていました。

お問い合わせ

組織名称:総合政策部 政策企画課 政策推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008