本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 教養・イベント > 宇部志立市民大学 > 平成23年度健康学部の講義

ここから本文です。

更新日:2014年3月25日

平成23年度健康学部の講義

平成23年度に開講された、健康学部の各講義の実績です。

平成23年7月12日(火曜日) 「生活習慣病の基礎知識と、地域で取り組む健康づくりを考える」 19時~21時15分

講師

  • 山口大学医学部大学院医学系研究科講師 壇原 三七子
  • 宇部市健康推進課長 藤崎 昌治

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話「宇部市健康づくり計画の概要について」
     第2次健康づくり計画(アクティブライフ2.)の理念と目標
  • グループワーク(各班に職員がファシリテーターとして参加)
     班別に、各自の健康づくりの実践紹介
     健康手帳や生活習慣チェック表の活用方法
  • 講話「地域住民による健康なまちづくりとは」
     ヘルスプロモーション(自分達で取組む健康づくり)の概念
     健康なまちづくりについて
     年間の取組と課題研究について
宇部市健康づくり計画冊子 宇部市食育推進計画冊子
宇部市健康づくり計画チラシ 宇部市食育推進計画チラシ

平成23年7月26日(火曜日) 「自分の体力を知って、健康づくりに必要な運動の質と量を学ぶ」 19時~21時

講師

山口県宇部健康福祉センター主査(健康運動指導士) 播摩 祐治

場所

宇部総合福祉会館4階 大ホール

講義内容

  • 体力チェック
     血圧、体重、体脂肪、握力、長座位体前屈、肺活量の測定と評価
     1日の活動記録表の記入方法 
  • 講話と実技「健康づくりのための運動の効果と日常生活の活動量」
     運動の効果と健康づくりのための指針について
     活動記録表の確認
     ストレッチの実践
  • グループワーク
     運動についての話し合い
     ウオーキングパスポートの紹介、希望者へ歩数計の貸し出し
体力チェック
肺活量や長座位体前屈などの簡単な体力チェックを行い、各自が健康づくりのための基礎体力を確認
ストレッチ
講師の指導をうけながら、ストレッチの実践

平成23年8月9日(火曜日) 「若さを保つための毎日のバランス食」 19時~21時

講師

宇部フロンティア大学短期大学部講師 溝田 美苗

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話と演習「健康づくりと食生活~若さを保つための毎日のバランス食~」
     1週間の食事記録の振り返りと食生活チェック
     栄養成分表について
     宇部市食育推進計画の概要
  • グループワーク
     生活習慣チェック、活動量チェック、食生活のバランスチェックの再確認と情報交換
講義の様子1
各自1週間の食事記録を持参して、バランスをチェック
講義の様子2
健康づくりのための食事バランスは、黄(主食)赤(主菜)緑(副菜)の3色

平成23年8月23日(火曜日) 「コミュニケーションの達人になる」 19時~21時

講師

宇部フロンティア大学人間健康学部看護学科准教授 宮崎 博子

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話と演習「コミュニケーションの達人になる」
     「傾聴」のロールプレイング
     ボデイタッチ、ハンドマッサージの実技
     共同作業(班全員で絵を描く)によるコミュニケーションについて
     コミュニケーションの環境づくり(ハーブティーを飲みながらの意見交換)
  • グループワーク
     講座内容に基づいた意見交換(はー
     今後の講座内容の各講師への希望(個別のアンケートも実施)
講義の様子
「傾聴」のロールプレイング 反応のない相手に話すことのつらさを体験中
グループワークの様子
1人ずつ好きなものを紙に書いてひとつの絵を作り上げることで、コミュニケーションが生まれます

平成23年9月6日(火曜日) 「地域の救急医療を守るために」 19時~21時

講師

  • 宇部市医師会 ときわクリニック院長 若松 隆史
  • 宇部市地域医療対策室 保健師 斎藤 美矢子

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話と実技「地域の救急医療の現状と課題」
     宇部市の救急医療の実態、上手な救急医療へのかかりかた
     心肺蘇生法の実習
     AEDの使い方の実習
  • 講話「小児救急について」
     こどもの急病と受診のしかた
     誤嚥などの事故予防について
  • グループワーク
     宇部市の救急医療体制を維持するために、市民としてできる取組について

講義の様子1 講義の様子2
宇部市医師会の先生を講師に、救急蘇生法やAEDの使用方法を、人体モデルを使った実演や動画で学びました

平成23年9月27日 (火曜日)「お口から始まる健康づくり」 19時~21時

講師

  • 宇部歯科医師会 みさき歯科医院院長 神吉 ゆかり
  • 歯科衛生士 松永 美千代

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話と実技「美味しく食べて、元気に過ごそう 咬むことの効用」
     RD(唾液)テスト、咬合力テストの実習
     全身の病気と虫歯・歯周病の関係
  • 講話と実技「しっかり食べる・飲めるお口づくり」
     口腔ケアの重要性とケアに必要な物品について
     正しい歯磨きの実践指導、義歯の清掃について
     嚥下体操の実践
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究のテーマと方法について(個別のアンケートも実施)
講義の様子
マイ歯ブラシを持参して、歯科衛生士さんによる正しいブラッシングの指導
グループワークの様子
班毎に、いよいよ課題研究のテーマの検討を開始

平成23年10月8日(土曜日) 「彫刻ウオーキングでビエンナーレを楽しむ」 9時30分~11時30分

講師

宇部市ふるさとコンパニオンの会  岡村久美子 牧野 一彦

場所

湖水ホール・ときわ公園

講義内容

  • 常盤公園内ウオーキング
     ウオーキングフォームやウオーキングの注意点について
     フォームを意識したウオーキングの実践
  • UBEビエンナーレ見学(ふるさとコンパニオンによる彫刻の説明)

ビエンナーレチラシ ウォークングパスポート
湖水ホールからビエンナーレ会場に向かって、ウオーキング実習希望者はウオーキングパスポートを活用

平成23年10月25日(火曜日) 「がんの最新医療情報を知る」 19時~21時

講師

山口大学医学部附属病院腫瘍センター准教授 吉野 茂文

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話「がんの最新情報を知る」
     がんの基礎知識と統計的現状について
     がん検診の実態について
     がん治療の現状と最先端医療について
  • グループワーク
     ディベート方式の討論(「検診を受けたくない人」対「検診を受けるべきだと思う人」 )
     宇部市の取組(がんにやさしいまちづくり、がん検診)について情報交換

講義の様子
山口大学医学部附属病院腫瘍センターの貴重なデータや、がんの最先端医療を学びました

平成23年11月8日(火曜日) 「たばこが及ぼす健康被害の理解とスモークフリー社会の実現」 19時~21時

講師

山口大学医学部地域医療推進学教授 福田 吉治

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話「たばこが及ぼす健康被害の理解とスモークフリー社会の実現」
     たばこによる健康被害
     山口県たばこ対策ガイドライン(受動喫煙防止、喫煙防止、禁煙支援)
     宇部市の受動喫煙防止対策についての意見交換
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究のテーマや方法の絞込みについて

講義の様子
10メートルルールなど、宇部市の受動喫煙対策を学び、自分達がもっと取り組めることがないか真剣に協議

平成23年11月22日(火曜日) 「薬に関する基礎知識」 19時~21時

講師

宇部薬剤師会 松岡 加津子

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講義室

講義内容

  • 講話「薬に関する基礎知識」
     薬についての基礎知識
     薬の飲み方、注意点、保管、副作用について
     かかりつけ薬局やお薬手帳の活用について
     ジェネリック医薬品、健康食品などについて
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究のテーマや方法の検討

講義の様子
カリキュラムも後半になり、この日は学部長が皆さんに感謝と激励の挨拶

平成23年12月20日(火曜日) 「アルコールの害を正しく知るために(課題研究に取り組もう)」 19時~21時

講師

  • 高嶺病院院長 橋本 隆
  • 山口大学医学部大学院医学系研究科講師 檀原 三七子

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話「アルコールの害を正しく知るために」
     アルコール問題について
     アルコール依存症の診断、治療について
     適正飲酒について
  • 講話「課題研究に取り組もう」
     研究の取組ポイント(テーマ、方法、結果、考察)
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究の検討、講師からのアドバイス
講義の様子
アルコール依存症の診断・治療の最前線を学びました
グループワークの様子
課題研究のテーマや方法について、講師のアドバイスを受けながら、班毎に真剣な協議

平成24年1月10日 (火曜日)「こころの健康とうつ予防」 19時~21時

講師

県立こころの医療センター 臨床心理センター長 加来 洋一

場所

シルバーふれあいセンター3階 第3講座室

講義内容

  • 講話「こころの健康とうつ予防」
     うつ病の概念とうつ病患者の理解
     うつ病の治療
     うつ病と家族、職場
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究の具体的取り組みについて
     今後の作業計画とシート作成

講義の様子
精神科専門の医師と対話しながら、うつ病を学びました

平成24年1月24日(火曜日) 「ふるさと料理の再発見」 19時~21時

講師

  • 宇部市食生活改善推進員  橋本嘉美 渡辺順子 宇野カヅ子 長尾五百枝 石川愛子 宮口晶子
  • 宇部市健康推進課栄養士 一色厚子 中尾久美子

場所

宇部市保健センター2階 保健指導室

講義内容

  • 講話と試食(グループワーク)「食文化を伝えていこう」
     宇部の郷土料理(いとこ煮、ちしゃなます、はなっこりーのごまあえ)試食
     宇部市食育推進計画について
     郷土料理の良さ、郷土料理を伝えるための工夫について協議
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究のまとめと発表について

試食の様子
食生活改善推進員(ヘルスメイト)さん達の作った宇部の郷土料理を試食
いとこ煮、ちしゃなます、はなっこりーのごまあえ

平成24年2月14日(火曜日) 「地域で楽しむこれからのいきいき人生」 19時~21時

講師

宇部フロンティア大学短期大学部教授 伊藤 一統

場所

宇部市保健センター2階 保健指導室

講義内容

  • 講話「地域で楽しむこれからのいきいき人生」
     地域活動の実践事例から学ぶこと
     地域活動の動機づけ(毛利敬親の心、無知の知、手法・技法)
     地域コミュニティ(縁と絆、参加と参画、新しい公共)
     地域活動のおもしろさ、楽しさ、苦しさ、つらさ)
  • グループワーク(各班毎に担当職員が参加)
     課題研究のまとめ、発表準備

講義の様子
講義「地域で楽しむこれからのいきいき人生」の様子

6つの班が、別室に分かれて、課題研究の仕上げと、発表に向けた準備の追い込み中。
真剣そのものです。

グループワークの様子1 グループワークの様子2
グループワークの様子3 グループワークの様子4
グループワークの様子5 グループワークの様子6

平成24年2月28日(火曜日) 「課題研究発表会とまとめ」 19時~21時

講師

  • 山口大学医学部大学院医学系研究科講師 檀原 三七子
  • 学長 久保田 后子
  • 学部長 落合 孝雄

場所

宇部市保健センター1階 健診ホール

講義内容

  • 課題研究発表
     1班 “プロジェクトU”「栄養成分で見る間食の実態」~私たちはミタ~
     2班 生活習慣病の予防と改善について~食事と運動からの実践支援~ 
     3班 バランスの良い理想の献立 ~健康で長生きする為に~ 
     4班 歩いて健康 ~ウオーキングは万病の予防薬~
     5班 次の世代に伝えたい 元気のもとの食事 
     6班 いつまでもガリガリ!噛み噛む!~楽しく・美味しく・健口に~
     
     壇原講師による講評
     学長挨拶
  • 交流会
     15回の講座を通じての学びや研究発表の感想を話し合い、今後の地域活動や継続的なネットワークづくりについて確認しあいました。
課題研究発表の様子1 課題研究発表の様子2
課題研究発表の様子3 課題研究発表の様子4
課題研究発表の様子5 課題研究発表の様子6
課題研究発表の様子7 課題研究発表の様子8

平成23年度健康学部の総括

全体的な講義状況

保健・医療・福祉など健康づくりに関する専門家による講義と実技は、充実した内容でした。また、ほぼ毎回グループワークを組み込み、学生自ら選択した課題について研究を進めて、最終回で研究発表会を行ったことで、学びの総括ができたと同時に、達成感のある内容になりました。

総合評価

夜間の講座であるにもかかわらず、出席状況もよく、学生の取組姿勢はすばらしかったです。
班編成と当番制による会場準備や後片付け、班長、副班長による号令や受講日誌記録など、自主性を促す運営の中で、学生間の協力体制が築かれ、一体感と達成感のある取り組みができたと思います。また、研究発表を通じて、今後の健康づくり活動に参画する具体的なイメージづくりまでつながったという点で、人材育成の効果も大きいと思われます。
一方、夜間開催のため、2時間が限度であり、カリキュラムの余裕がありませんでした。

新年度開講に向けた課題と今後の方向性

  • 来年度については、内容を絞り込み、余裕のあるカリキュラムを組むことにより、理解度の確認や充分な協議のできる体制を作る必要があると考えています。また、運動や食事などの基本的な生活習慣に関する分野の実技の充実を考えていきたいと思います。
  • 初年度は、組織育成と研究発表に向けたきめ細かい指導に重点を置き、班毎に担当者をつけて、課内全職員の関わる体制で実施したが、新年度は、カリキュラムの組み方や研究発表の取組を早めに開始するなどの工夫と、会場を保健センターに変更することにより、職員の出務と運営については、効率化を図っていきたいと考えています。
  • 修了生が「健康のまちづくりサポーター」として充分活躍できるよう、健康づくりに関するイベントの参画・運営に積極的に活用するとともに、市民の視点からの新たな取組につながるよう、定期的な会合や学習の継続を支援していきます。
  • 新年度の大学運営にあたっては、卒業生が、グループワークのファシリテーターなどの役割をもって協力できる体制を作っていきます。

お問い合わせ

組織名称:総合政策部 政策企画課 政策推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008