本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 教養・イベント > 宇部志立市民大学 > 平成23年度環境学部の講義

ここから本文です。

更新日:2014年3月25日

平成23年度環境学部の講義

平成23年度に開講された、環境学部の各講義の実績です。

平成23年7月16日(土曜日) 「宇部方式と環境基礎知識を学ぼう」 13時40分~15時15分

講師

山口大学名誉教授(環境学部コーディネーター) 浮田 正夫

場所

男女共同参画センター・フォーユー(第1・2講習室)

講義内容

  • 宇部市における公害・環境問題の取り組みの歴史を振り返り、グローバル500賞の対象と なった「宇部方式」を3期に分けて説明。
  • 「持続可能な循環共生型社会の実現のためにはどうすればいいのか。」をテーマに、グループワークを実施。
「宇部方式と環境基礎知識を学ぼう」講義
「宇部方式と環境基礎知識を学ぼう」講義
グループワーク(話し合い)
グループワーク(話し合い)

平成23年7月16日(土曜日) 「3R(未来)プラン!!」 15時25分~16時30分

講師

  • 宇部市資源循環推進室 室長 古谷 榮識
  • 宇部市資源循環推進室 主査 村岡 和弘

場所

男女共同参画センター・フォーユー(第1・2講習室)

講義内容

  • 宇部市一般廃棄物処理基本計画
    宇部市一般廃棄物処理基本計画(3R(未来)プラン)の、ごみ処理の現状、計画目標、3Rの取組について説明。
  • 段ボールコンポストの紹介
    「段ボールコンポストを使った生ごみの堆肥化マニュアル」に基づき説明。その後、段ボールコンポストを実際に見て、触る実習。
「宇部市一般廃棄物処理基本計画」講義
「宇部市一般廃棄物処理基本計画」講義
「段ボールコンポストを使った生ごみの堆肥化マニュアル」講義
「段ボールコンポストを使った生ごみの堆肥化マニュアル」講義
「段ボールコンポスト」実習
「段ボールコンポスト」実習
 

平成23年8月27日(土曜日) 「宇部市のごみ処理を知ろう!(施設見学)」 13時40分~16時30分

講師

環境サポートメイツの会

場所

宇部市環境保全センター(3階研修室)、宇部市リサイクルプラザ

講義内容

  • 宇部市リサイクルプラザ、焼却場のビデオ・DVDを視聴。焼却場については、さらに補足説明として、全国に9しかない高度な施設の一つで、発電を行なっていること、焼却残渣が少なく最終処分場の延命につながっていること、スラグリサイクルされていることなどの長所が説明された。
  • 2つに分かれて、「焼却場」と「リサイクルプラザ」を見学。また、移動途中に宇部港東見初広域最終処分場も遠くから見学。
  • グループワークでごみ処理基本計画の1人1日あたりのごみ排出量とリサイクル率の中間目標年度(平成27年度)までのロードマップを検討。
ビデオ視聴・補足説明
ビデオ視聴・補足説明
施設見学(リサイクルプラザ)
施設見学(リサイクルプラザ)
グループワーク(話し合い)
グループワーク(話し合い)
 

平成23年9月17日(土曜日) 「エコパーク「ときわ公園」!!」 13時40分~16時30分

講師

  • 山口大学名誉教授 早川誠而
  • 常盤公園植物研究クラブ代表 末広雄次
  • 宇部ふるさとコンパニオンの会 村上節代

場所

ときわミュージアム(イベントホール)

講義内容

  • ときわ公園の自然環境-ときわ公園の持つ温度緩和作用
    気温、気圧、風の関係とときわ公園の湖水、緑地による温度緩和作用の説明。
  • ときわ公園の野外植物と生態的多様性
    宇部市の野外植物数とときわ公園の植物、霜降山地区・東部沿岸地区・ときわ公園の植生図による植生の変化の説明。
  • 緑と花と彫刻のまちづくり
    宇部市の緑と花と彫刻を基調とした街づくりの歴史の説明と、材料など環境に配慮した彫刻の紹介。
  • 「ときわ公園をエコパーク(新たな環境へのチャレンジの場、創造し命を育む場)として、次世代に引き継ぐために、市民の力でやるべきこと、できることを考えてみましょう」をテーマにグループワークを実施。
「ときわ公園の自然環境-ときわ公園の持つ温度緩和作用」講義
「ときわ公園の自然環境-ときわ公園の持つ温度緩和作用」講義
「ときわ公園の野外植物と生態的多様性」講義
「ときわ公園の野外植物と生態的多様性」講義
「緑と花と彫刻のまちづくり」講義
「緑と花と彫刻のまちづくり」講義
グループワーク(意見発表)
グループワーク(意見発表)
ビエンナーレ鑑賞
ビエンナーレ鑑賞
 

平成23年10月15日(土曜日) 「どうなる?どうする?~省エネ・新エネ、地球温暖化~」 13時40分~16時30分

講師

  • 宇部市地球温暖化対策ネットワーク 事務局長 仰木 則康
  • 未来の子 代表 藤野 完二
  • ひろしま地球環境フォーラム講師 鷹村 憲司

場所

男女共同参画センター・フォーユー(第1・2講習室)

講義内容

  • 地球温暖化の原因、現状などを講話と環境省作成DVD「地球温暖化 今、私たちにできること」により説明。また、宇部市の地球温暖化対策の取組の紹介。【仰木講師】
  • 官民協働の必要性と、官民協働による自治体の地球温暖化対策の事例紹介。【藤野講師】
  • 環境問題を考える視点とスタンスの説明。エネルギー政策、温暖化対策、京都議定書延長問題の国内外の動向と課題を示し、グループワークへと繋げた。【鷹村講師】
  • 「エネルギー政策は今後どうしたらいいのでしょうか」をテーマにグループワークを実施。
「仰木講師」講義
「仰木講師」講義
グループワーク(意見書き出し)
グループワーク(意見書き出し)
グループワーク(意見グルーピング)
グループワーク(意見グルーピング)
グループワーク(意見発表)
グループワーク(意見発表)

平成23年11月19日(土曜日) 「食を育む小野にて」 12時~12時50分

講師

  • 小野特産手づくりグループ 代表 秋本 喜代子
  • 小野特産手づくりグループ 副代表 志賀 ツヤ子

場所

アクトビレッジおの(研修室)

講義内容

  • 小野特産手づくりグループの概要説明【秋本講師】
  • 小野特産手づくりグループが製作した地産地消弁当の説明と写真による小野での暮らしぶりなどの紹介。【志賀講師】
秋本講師講義
秋本講師講義
志賀講師講義
志賀講師講義
地産地消弁当
【地産地消弁当】
 

平成23年11月19日(土曜日) 「くらしを支える水物語」 13時~15時30分

講師

  • 宇部短期大学名誉教授 脇坂 宣尚
  • 山口大学工学部教授 今井 剛

場所

アクトビレッジおの (研修室)

講義内容

  • 水道水の安全性と厚東川及び小野湖の水質について
    水道法に基づく水質基準により日本の水道水、宇部市の水道水の安全性が確保されていることを説明し、冷たくした水道水と購入したミネラルウオーターの飲み比べを実施。
  • 水質源論-上水と下水-
    高度処理して飲める水とその他の洗浄水を分けて供給する「二元給水」、トイレ排水とその他の洗浄排水を分けて処理する「分別排水」という考えを示し、グループワークに繋げた。
  • 「将来の水管理-二元給水と分別排水に賛成?or反対?」をテーマにグループワークを実施。
「水道水の安全性と厚東川及び 小野湖の水質について」講義
「水道水の安全性と厚東川及び 小野湖の水質について」講義
「水質源論-上水と下水-」講義
「水質源論-上水と下水-」講義
グループワーク(話し合い)
グループワーク(話し合い)
 

平成23年12月17日(土曜日) 「限りある地球資源を考える」 13時40分~15時

講師

山口大学工学部助教 鈴木 祐麻

場所

男女共同参画センター・フォーユー(第1・2講習室)

講義内容

  • レアメタルの供給の現状、日本の都市鉱山について説明。
  • 「都市鉱山の有効性、都市鉱山開発にあたり、私達が克服すべき4つの課題(資源が分散している、多くの廃棄物を生み出す、コストがかかる、レアメタル循環型社会の歴史は浅い)を整理し、さらにそれらの解決方法を話し合いましょう」をテーマにグループワークを実施。
「限りある地球資源を考える」講義
「限りある地球資源を考える」講義
質疑応答
質疑応答

平成23年12月17日(土曜日) 「~楽しく実践~スローライフのすすめ」 15時10分~16時30分

講師

すろーふーどらいふ和(のどか) 代表 白木 美和

場所

男女共同参画センター・フォーユー (第1・2講習室)

講義内容

  • 白木講師の生活ぶりを写真により説明。
  • グループワークとして各班で加工品作り。
    • 1班:柚子の砂糖漬け
    • 2班:柚子の種の焼酎漬け
    • 3班:しょうがの焼酎漬け
    • 4班:びわの葉の焼酎漬け
    • 5班:干し柿のワイン漬け
「~楽しく実践~スローライフのすすめ」講義
「~楽しく実践~スローライフのすすめ」講義
加工品作り(柚子の砂糖漬け)
加工品作り(柚子の砂糖漬け)
加工品作り(びわの葉の焼酎漬け)
加工品作り(びわの葉の焼酎漬け)
 

平成24年1月14日(土曜日) 「企業の環境技術を覗いてみよう!」 13時40分~17時10分

講師

  • 宇部興産株式会社 宇部渉外部 高雄氏
  • 株式会社宇部衛生工業社 中島事業部長、浜崎氏
  • 株式会社広島企業 山口氏

場所

  • 視察先企業宇部興産株式会社「UBE i-Plaza」
  • 株式会社宇部衛生工業社「きららエコフィード」
  • 株式会社広島企業「宇部テクノリサイクルセンター」

講義内容

  • 宇部興産株式会社「UBE i-Plaza」
    宇部興産株式会社セメント事業の環境に配慮した取り組み(原材料、燃料に廃棄物を使用)のビデオ視聴後、展示場内で環境商品の説明が行われた。
  • 株式会社宇部衛生工業社「きららエコフィード」
    県内のスーパー、コンビニの賞味期限切れ商品や、学校・ホテル・レストラン・食品工場等から排出される残飯・厨芥などの事業系生ゴミを、家畜用エコ飼料(きららエコミール)にリサイクルする生産設備の説明が行われた。
  • 株式会社広島企業「宇部テクノリサイクルセンター」   
    家庭から分別・排出される「プラスチック製容器包装」を容器包装リサイクル法に基づき、プラスチック製品の原料に再生する設備の説明が行われた。
宇部興産株式会社「UBE i-Plaza」 ビデオ視聴
宇部興産株式会社「UBE i-Plaza」 ビデオ視聴
宇部興産株式会社「UBE i-Plaza」展示場内見学
宇部興産株式会社「UBE i-Plaza」展示場内見学
株式会社宇部衛生工業社「きららエコフィード」工場設備説明
株式会社宇部衛生工業社「きららエコフィード」工場設備説明
株式会社宇部衛生工業社「きららエコフィード」
株式会社宇部衛生工業社「きららエコフィード」
きららエコミールに触れてみる
株式会社広島企業「宇部テクノリサイクルセンター」
株式会社広島企業「宇部テクノリサイクルセンター」
工場設備説明
 

平成24年2月18日(土曜日) 「みんなで創ろう!エコシティうべ(環境学部一期生の今後に望むもの)」 13時40分~16時30分

講師

  • 環境省環境カウンセラー 久保田 后子
  • 山口大学名誉教授(環境学部コーディネーター) 浮田 正夫

場所

男女共同参画センター・フォーユー (第1・2講習室)

講義内容

  • 市の財政状況が厳しい中、市民の力がいかに必要かを説明。また、各受講生が環境まちづくりサポーターとして今後の活動を考えるきっかけになるよう、3つの環境学習拠点と、エコフェアや3R推進サポーターの活動の様子を画像で紹介し、「学びから行動」へと繋げた。
  • 「みんなで創ろう!エコシティうべ~環境まちづくりサポーターとして」をテーマとして、今後、環境まちづくりサポーターとして自分のできることやりたいこと、また仲間とできることやりたいことを話し合い、各班の代表者がまとめた意見を発表した。その後、他の班の発表内容に対する意見交換を行った。
  • 環境学部コーディネーターから、グループワークの講評。
環境学部一期生の今後に望むもの」講義
環境学部一期生の今後に望むもの」講義
グループワーク(グルーピング)
グループワーク(グルーピング)
グループワーク(グループ間討議)
グループワーク(グループ間討議)
環境学部コーディネーターによる講評
環境学部コーディネーターによる講評

平成23年度環境学部の総括

全体的な講義状況

全16回の講義では、本市の取組や実態を中心に理解を深めるため、本市の地元力を生かした講師、環境学習拠点(ときわミュージアム、アクトビレッジおの)を活用するとともに、焼却場・リサイクルプラザの見学、地元企業の視察を実施しました。

また、正規カリキュラムだけでは幅広い環境分野をカバーできないため、任意カリキュラムとして、市が主催又は後援する講習会、イベントや宇部市まちなか環境学習館で開催している「環境サロン」への参加を勧め、多様な学習機会の提供に努めました。

総合評価

講話とグループワークを一体とする講義や講義内容を振り返るための講義レポートの作成など、受講生にとっては慣れない作業もありましたが、回を重ねるごとに仲間意識が高まり、途中退学者を一人も出すことも無く全ての講義を終え、42名中39名の「環境まちづくりサポーター」登録者と、そのうち34名の修了者及び「環境マスター」称号付与者を輩出しました。
また、全課程の平均出席率は83.9%と高く、自由参加の任意カリキュラムにも多くの受講生に参加していただくなど、積極的に取り組んでいただきました。

新年度開講に向けた課題と今後の方向性

新年度は、環境に関する人材の裾野を広げるため、引き続き多くの方に参加していだだくことが課題となります。
そのため、第一期生からいただいた御意見なども取り入れながら、魅力的な講義内容・講師、開講日時、講義時間となるカリキュラムを構築していきます。また、「環境まちづくりサポーター」の登録をされた方に大学の運営をサポートしていただくことで、限られた講義時間を効率的に使うとともに、環境学習拠点で実施している講座などとの連携を図り、幅広く多くのことを学んでいただけるような学習環境づくりに努めます。

お問い合わせ

組織名称:総合政策部 政策企画課 政策推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008