本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

トップ > 教養・イベント > 宇部志立市民大学 > 平成23年度文化学部の講義

ここから本文です。

更新日:2014年3月25日

平成23年度文化学部の講義

平成23年度に開講された、文化学部の各講義の実績です。

平成23年7月2日(土曜日) 「宇部の炭鉱について」 13時30分~15時40分

講師

炭鉱を記録する会 新谷 栄

協力

宇部市ふるさとコンパニオンの会

場所

ときわ湖水ホールミーティングルーム、石炭記念館

講義内容

本市発展の基礎として炭鉱の歴史についての講義及び石炭記念館の見学

  • 宇部方式のルーツ
     自主独立精神「宇部のこころ」の歴史的背景
  • 宇部発展の原動力となった石炭の採掘の歴史
     宇部炭田の地質および地層図
     宇部炭田の沿革と変遷
     宇部地区にあった炭鉱
  • 宇部炭田での特記事項
講義の様子
「宇部の炭鉱について」の講義の様子
石炭記念館
石炭記念館の見学
班ごとに分かれて、「宇部市ふるさとコンパニオンの会」のみなさんの解説付きで、貴重な資料の見学を行い、展望台に上がって常盤湖やまちを眺めながら、歴史を振り返りました。

平成23年7月2日(土曜日) 「炭鉱のまちから文化の薫るまちへ」 16時~17時

講師

宇部市ふるさとコンパニオンの会 会長 脇 彌生

場所

ときわ湖水ホールミーティングルーム

講義内容

明治初期から現代にかけての宇部市独自の文化の歩みについての講義

  • 宇部独自の教育文化について
     福原越後公、福原芳山公
     報徳会
  • 精神的文化について
     渡辺翁記念文化協会
     宇部文化局の結成 
     第1回宇部市野外彫刻展開催

講義の様子
「炭鉱のまちから文化の薫るまちへ」の講義の様子

平成23年7月8日(土曜日) 「文化によるまちづくり」シンポジウム 18時~20時45分

基調講演

金沢21世紀美術館館長 秋元 雄史

コーディネーター

山口大学教育学部教授 福田 隆眞

パネリスト

  • 鹿児島県鹿屋市柳谷公民館長 豊重 哲郎
  • 周南市文化振興財団常務理事 西崎 博史
  • 山口県立美術館普及課長 前田 淳子
  • 宇部市ふるさとコンパニオンの会会長 脇 彌生

場所

文化会館文化ホール

講義内容

文化の振興及び文化によるまちづくりの取組を進めるために開催した「文化によるまちづくりシンポジウム」において、金沢21世紀美術館館長や鹿屋市柳谷公民館長など県内外から招聘した専門家による基調講演や事例発表などを聴講しました。

講演の様子
秋元氏による基調講演
事例発表の様子
パネリストからの事例発表

平成23年9月9日(金曜日) 「VIVA!クラシックイベント クラシック音楽と渡辺翁記念会館の魅力について」 18時30分~20時30分

解説

宇部好楽協会副会長 玉井 保生 氏

出演者

ヴァイオリニスト 石井 啓一郎・ピアニスト 石井 啓子

場所

渡辺翁記念会館

講義内容

国の重要文化財であり、音響効果において世界的にも評価の高い渡辺翁記念会館でクラシック音楽を聴く魅力や楽しみ方、演奏会でのマナーなどを習得するため、「石井 啓一郎が奏でる珠玉のヴァイオリン名曲集」を鑑賞しました。

講演の様子
玉井氏と石井氏に、クラシック音楽の楽しさと当会場の渡辺翁記念会館の音響のすばらしさについて語っていただきました。
演奏の様子
日本フィルハーモニー交響楽団団員の石井啓一郎氏の生ヴァイオリン演奏を聴いて、渡辺翁記念会館の音響の良さを体感しました。

平成23年9月11日(日曜日) 「国の重要文化財 渡辺翁記念会館」 13時30分~15時

講師

元宇部興産建設部長 冨重 洋

場所

渡辺翁記念会館

講義内容

本市が誇る文化遺産である渡辺翁記念会館の歴史と魅力についての講義

  • 渡辺翁記念会館の建設の経緯、概要について
  • 設計者 村野藤吾氏について
  • 設計にあたり特に留意した点について
  • 宇部と村野藤吾氏及び作品紹介
  • 渡辺翁記念会館の音響効果について
    (ステージ上から会場を見ながら、構造上の工夫点などを説明)
  • 渡辺翁記念会館内を解説付きで見学。
  • 順路
     ステージ→1階エントランス→2階ホワイエ→記念室→屋上のらせん階段・屋上→玄関

記念室
記念室

平成23年10月29日(土曜日) 「UBEビエンナーレの歴史と第24回UBEビエンナーレ上位入賞作品の解説付き鑑賞」 13時30分~14時10分、16時~16時40分

講師

緑と花と彫刻の博物館管理課 学芸員 山本 容資

場所

ときわミュージアム及び彫刻野外展示場

講義内容

彫刻のあるまちづくりについての講義及び第24回上位入賞作品の鑑賞

  • UBEビエンナーレの歴史
     国内で最も歴史と伝統のある彫刻展
     日本の彫刻展をリード&新進作家の登竜門
     まちづくりと野外彫刻の実験都市“宇部”
  • 第24回UBEビエンナーレ上位入賞作品の解説付き鑑賞

彫刻「UNITY OF OPPOSITES」 彫刻「深夜バス」 彫刻「此方」

学芸員の解説を聞きながら、ビエンナーレ作品を鑑賞。大賞作品の「UNITY OF OPPOSITES」は直に触って、大理石の感触を味わいました。そのほかの作品も、作者の思いや工夫されているポイントを教えていただき、彫刻の奥の深さを学びました。

平成23年10月29日(土曜日) 「彫刻入門:体験型ワークショップ」 14時10分~15時50分

講師

緑と花と彫刻の博物館管理課 学芸員 山本 容資

場所

ときわミュージアム

講義内容

彫刻の制作を体験していただくためのワークショップ

  • 石膏を使って、手形の制作を行った。
  1. 粘土をこねて、平たくする。
  2. その上から手を押し付け、型をとる。文字を入れる場合は鏡文字で彫る。
  3. 別の粘土で土手を作る。
  4. 石膏の粉と水を混ぜ合わせ、型に流し込み、固める。
  5. 固まったら、ひっくり返し、型の粘土をとる。
  6. 立体的な手形ができ上がる。

手形

平成23年11月19日(土曜日) 「市内文化財について」 13時30分~15時

講師

宇部市文化財審議会会長 森江 直紹

場所

宇部市立図書館2F講座室

講義内容

文化財の基礎知識と市内にある文化財の紹介

  • 文化財の定義について
  • 文化財保護の歴史・体系について
  • 市内・県内の文化財について
  • 市内の指定文化財の製作年代について
  • 市が所蔵する文化財を閲覧
持世寺文書 持世寺文書
第1巻は南北朝時代の厚東武美の寺領寄進に関するもので、当時の宇部地方の開発状況がわかる貴重な資料で、「宇部」の地名が見える最も早い文書例として注目されている文書です。
普段見ることができない資料を、受講生は解説を熱心に聞きながら、閲覧していました。

平成23年11月19日(土曜日) 「市内文化財の視察」 15時10分~16時40分

講師

文化財活用推進室長 唐沢 陽司

協力

宗隣寺住職、宇部市水道局職員

場所

宗隣寺、桃山排水計量室・旧桃山1号配水池監視廊入口

講義内容

旧宇部市内にある文化財の現地視察

  • 2グループに分かれ、マイクロバスで下記の文化財を視察見学しました。
  • 国指定名勝「宗隣寺庭園」
  • 有形登録文化財「桃山排水計量室」
  • 有形登録文化財「旧桃山配水池監視廊入口
宗隣寺庭園
国指定名勝宗隣寺庭園
桃山排水計量室
国有形登録文化財「桃山排水計量室」
旧桃山配水池監視廊入口
国有形登録文化財「旧桃山配水池監視廊入口」

平成23年12月3日(土曜日) 「茶道の歴史や作法について」 13時30分~15時

講師

茶道裏千家淡交会宇部支部 藤永 宗里

場所

宇部市文化会館 第1研修室

講義内容

お茶と茶道に関しての基礎知識の講義

  • 茶の伝来について
  • 抹茶の効能について
  • 茶会と茶事について

講義の様子
「茶道の歴史と作法」についての講義の様子

平成23年12月3日(土曜日) 「茶道の作法体験」 15時10分~16時40分

講師

茶道裏千家淡交会宇部支部 藤永 宗里

場所

宇部市文化会館 和室

講義内容

茶道の作法及びお茶を点てる実技の体験

  • 茶道裏千家淡交会宇部支部の方によるお手前の実演を見学し、作法の指導を受けながら、お菓子とお茶をいただきました。また、実際にお茶を点てる体験も行いました。
お茶の点て方の指導を受ける様子
お茶の点て方の指導を受ける様子
お茶の作法の体験の様子
お茶の作法の体験の様子

平成23年12月17日(土曜日) 「見に行こう。楠地区の歴史と文化」(船木~万倉の現地視察) 13時30分~15時

講師

山口県立新南陽高校教諭 伊川 孝慈

場所

  • 船木の琴製作所「たましげ」
  • 町並み(旧宿場町)
  • 万倉の赤間硯の郷「日枝玉峯堂」

講義内容

船木と万倉地区の伝統工芸と町並みの現地視察

  • 琴製作所「たましげ」の見学(解説:玉重氏)
  • 船木の町並みの視察(解説:伊川氏)
  • 赤間硯の郷「日枝玉峯堂」の見学(解説:日枝氏)
琴製作所「たましげ」の見学
琴製作所「たましげ」の見学
赤間硯の製作見学
赤間硯の製作見学

平成23年12月17日(土曜日) 「見に行こう。楠地区の歴史と文化」(講義) 15時10分~16時45分

講師

山口県立新南陽高校教諭 伊川 孝慈

場所

楠総合センター

講義内容

旧楠町の歴史と文化・文化財についての講義

  • 楠地区の概要について
  • 荒滝山城跡について
  • 万倉の史跡について
  • 船木の町並みついて

荒滝山城跡
県指定史跡 荒滝山城跡(堀切)

平成24年1月21日(土曜日)「文化財シンポジウム」先人の偉業、宇部の精神(こころ) 渡辺祐策からのバトン~幕末からそして現代へ」13時30分~16時

  • 基調講演;元山口県文書館副館長 戸島 昭
  • コーディネーター;田村洋一(山口大学工学部准教授)
  • パネリスト;千葉 泰久 (宇部商工会議所会頭)
            松隈  洋 (京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)
            脇  彌生 (宇部市ふるさとコンパニオンの会会長)
            白石 千代 (宇部市教育長)
  • 場所;渡辺翁記念会館

講義内容

本市の発展の歴史をテーマにしたシンポジウムの聴講

  • 基調講演:演題「炭鉱」~有限の石炭を無限の産業へ~
  • パネルディスカッション
講演の様子
戸島 昭氏による基調講演
パネルディスカッションの様子
パネルディスカッション

平成24年2月4日(土曜日) 「グループ討議」 13時30分~16時

  • オブザーバー;文化振興課
  • 場所;男女共同参画センター・フォーユー 第1・2講習室

講義内容

4つの希望するテーマごとに分かれての意見交換

  •  受講生が、「まちと文化の歴史」、「伝統文化の継承」、「彫刻のあるまちづくり」及び「文化財を活かしたまちづくり」の4つのテーマに分かれ、それぞれのグループで、テーマに沿った、理想とするまちづくりを行うために、伸ばすべき点・克服する点について討議を行いました。
     さらに、理想のまちづくりを進めるためには、誰が何をどのようにすればよいのか、具体策を考え、意見交換を行い、次回の個人発表時の参考にしていただきました。
「彫刻のあるまちづくり」のグループ討議の様子
「彫刻のあるまちづくり」のグループ討議の様子
「文化財を活かしたまちづくり」のグループ討議の様子
「文化財を活かしたまちづくり」のグループ討議の様子

平成24年2月25日(土曜日) 「提言発表」 13時30分~15時30分

  • オブザーバー;文化振興課
  • 場所; 男女共同参画センター・フォーユー 第1・2講習会

講義内容

今年度の受講を踏まえ、今後の活動や行政への提案等についての個人意見の発表

前回の講座で行ったグループ討議の結果について、代表者が発表し、引き続いて、受講生が一人ずつ以下の課題から選択し、2分以内で自分の意見を発表しました。

  • 今後、自分が活動したい内容と目標
  • 文化の薫るまちを目指した市民活動に関する提案
  • 文化の薫るまちを目指した行政の施策に関する提案
グループの代表者の発表
グループの代表者の発表
久保田学長からの講評の様子
久保田学長からの講評の様子
阿部学部長からのあいさつ
阿部学部長からのあいさつ

平成23年度文化学部の総括

全体的な講義状況

講座では、講義のみならず、それを実際に体験するワークショップや視察見学などを組み入れ、より身近なものとして学習でき、今後の活動につなげやすい内容としました。

総合評価

入学時に、班編成を行い、班長・副班長を決めて、講座ごとに当番制で会場準備、受付、号令、片付け等を行うなど自主運営形式により行ったことから、各受講生の横のつながりもでき、楽しく学習されていたように見受けられました。
最終講座での個人発表では、今後の活動について、自分なりに文化のまちづくりに貢献していきたいという意見が多数聞かれ、人材育成の効果があったものと評価しています。

新年度開講に向けた課題と今後の方向性

今年度受講された方から、さらに専門的な講座の受講を希望され、来年度も受講されたいといった意見もありました。
そこで、来年度は、講座の内容をさらに充実させるため、文化一般(歴史、伝統文化、芸術等)、彫刻、文化財の3つジャンルに分け、それぞれの専門知識がある所管部署で講座カリキュラムを企画し、実施するよう、当該所管部署と連携して学部を運営する予定にしています。
また、受講生による「文化によるまちづくりサポーター」については、市主催のイベントの企画運営に関わる実行委員会メンバーや市民大学のスタッフをはじめ、市民委員会委員募集や民間の文化活動への参加情報などを適宜提供することにより、活動の場を提供することにしています。

お問い合わせ

組織名称:総合政策部 政策企画課 政策推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8113

ファックス番号:0836-22-6008