ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

南蛮音頭

南蛮音頭の由来

山口炭田の中心であった宇部地方の石炭発見は、およそ300年前で、石炭を五平太というのは、厚狭郡有帆村の百姓五平太が発見したという伝説に由来している。宇部の炭鉱方法は、「井戸車」や「はねつるべ」を用いるといった原始的なやり方であったが、天保11年(1840)、宇部の向田七右ヱ門、九重郎兄弟によって揚巻装置(南蛮車)が発明された。これは、糸をつむぐ「しのひき車」からヒントを得た八角形の木製のドラムで、ドラムの端には8本の押し棒がついており、この棒を押しながら廻すと2本のロープで坑内の排水と石炭の巻き上げが行われる仕掛けとなっていた。当時としては大発明であり、宇部の堅抗開発に大きな役割をはたした。当時、舶来品は何でも「南蛮渡来」「南蛮」と呼んでいたので、この便利な機械仕掛けを「南蛮仕掛け」「南蛮」と呼んでいるうちに、いつしかその名前が定着したといわれている。姉さん達が、炭鉱で南蛮車を押しながら唄った仕事唄を現代化したものが南蛮音頭である。山口県には郷土の民謡として人々になじまれる唄が少ないが、宇部の「南蛮音頭」は山口県を代表する民謡のようによく唄われている。郷土の生活の中から生まれた唄であるだけに、今後も伝承してゆきたいと考えている。

南蛮音頭 歌詞

一.ハー南蛮押せ押せ 押しゃこそ揚がる

揚がる五平太の ヤットコセ

竪坑堀りヨ サノ

(アト山 サキ山お前はバンコかギッコラサ)

揚がる五平太の ヤットコセ

竪坑堀りヨ

二.ハー宇部の五平太は 南蛮で揚がる

揚がる五平太に ヤットコセ

花が咲くヨ サノ

(アト山 サキ山お前はバンコかギッコラサ)

揚がる五平太に ヤットコセ

花が咲くヨ

三.ハー花じゃ蕾じゃ 押せ押せ南蛮

枝に実もなりゃ ヤットコセ

葉も茂るヨ サノ

(アト山 サキ山お前はバンコかギッコラサ)

枝に実もなりゃ ヤットコセ

葉も茂るヨ

四.ハー南蛮南蛮は 御先祖様が

あれは炭捲く ヤットコセ

置土産ヨ サノ

(アト山 サキ山お前はバンコかギッコラサ)

あれは炭捲く ヤットコセ

置土産ヨ

五.ハーワシも若いときゃあ 緑ヶ浜で

男を泣かせた ヤットコセ

南蛮押しヨ サノ

(アト山 サキ山お前はバンコかギッコラサ)

男を泣かせた ヤットコセ

南蛮押しヨ

よくある質問と回答

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 観光・グローバル推進課 観光・グローバル推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8353

ファックス番号:0836-22-6083