本文へ
文字サイズ
拡大
縮小
色の変更
標準
1
2
3
  • トップ
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Foreign language
  • 暮らし・安心
    • 防災・国民保護
    • 救急・消防
    • 安全・安心・相談
    • 届出・証明書
    • 市税
    • 保険・年金
    • ごみ・リサイクル・衛生
    • 住まい・生活環境
    • 雇用・労働
    • 市民活動・ボランティア・人権
    • 選挙
    • 公共交通・市営駐車場
    • 火葬場・墓地
  • 子育て・教育
    • 母子の健康
    • 子育て支援
    • 保育園・幼稚園
    • 小中学校
    • 手当・助成
    • ひとり親家庭支援
    • 教育・健全育成
    • うべきっず
  • 健康・福祉
    • 成人の健康
    • 医療
    • 健康保険
    • 障害者福祉
    • 高齢者福祉
    • 介護保険
    • その他の福祉
  • 教養・イベント
    • 歴史・文化財
    • 彫刻とうべ
    • 宇部市立図書館
    • 宇部志立市民大学
    • 社会教育・生涯学習
    • 祭り・催し
    • 文化・芸術
    • スポーツ・レクレーション
    • レノファ山口FCを応援しよう!
    • ナナシマチ
    • 宇部市・宇部市教育委員会後援申請
    • ときわ公園公式サイト
    • ときわ動物園公式サイト
    • ときわミュージアム公式サイト
  • まちづくり・ビジネス
    • うべで暮らしませんか
    • 本庁舎建設への取組
    • 環境保全
    • 都市計画・景観・緑化
    • 建築・開発・土地
    • 道路・河川
    • 上下水道
    • 産業
    • うべ元気ブランド
    • 中山間地域づくり
    • 募集・入札・契約
  • 市の紹介・市政
    • 宇部市の紹介
    • 遊びに来ませんか うべ
    • 市長室
    • 市議会
    • 行政視察受け入れのご案内
    • 計画・施策
    • 財政
    • 統計
    • 情報公開
    • 広報・広聴
    • 職員募集・人事・給与
    • 監査
    • 合併
    • 市役所のご案内
    • 宇部市条例規程類集

ここから本文です。

更新日:2016年9月9日

旧石器~縄文時代

旧石器~縄文時代弥生~古墳時代平安~室町時代(1)平安~室町時代(2)平安~室町時代(3)江戸時代

旧石器時代(200万年前~1万3千年前)

日本がまだ大陸と陸続きになっていた氷河時代に、ナウマンゾウやオオツノジカなどの動物を追い求めて、人々は日本列島にやって来ました。約2万年前頃が最後の氷河期で海水面が約100メートル低下していたようです。人々は丘陵上に住み、獲物を求めて移動する狩猟、採集の生活を営んでいました。まだ土器はなく、彼らの道具は石を割って作った、ナイフ型石器や細石刃(さいせきじん)などの打製石器を使っていました。市内で最初に人が住み始めたのは、西岐波の台地(長桝遺跡、南方遺跡)や常盤湖周辺で、1万数千年前の石器が出土しています。石材の一つである黒曜石は、大分県姫島や佐賀県腰岳産のもので、当時から交流があったものと考えられます。

長桝遺跡(ながますいせき)

ナイフ型石器や細石刃などの旧石器時代の石器類や、縄文時代早期(約8,000年前)の炉跡・住居跡・石鏃(矢じり)が出土しました。 nagamasu

<尖頭器>

(長桝遺跡)

縄文時代 (13,000年前~2,300年前)

氷河期が終わり気候が温暖化すると、生態系が変化して現在のような森や動物が現れました。約6,000年前頃には海面が上昇し、今の日本列島の形に近づきました。人々は、豊かな自然の恵みに支えられ、地面を掘って作った「竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ)」に住み、小集落を形成して定住し、狩猟・採集・漁労の生活を営みました。土器が初めて使われた時代で、表面には縄、竹、貝殻などで複雑な文様が刻まれています。食物の煮炊きやドングリのアク抜きに使われるなど、土器のおかげで食生活が豊かになりました。また、矢じりの発明により弓矢が使われ、動きの早い小動物の狩りも可能になりました。

月崎遺跡

東岐波日ノ山の南麓、月崎海岸の砂丘上に営まれた海浜集落遺跡です。多量の土器や炉跡のようなもの、竪穴式住居の柱穴が出土しました。縄文時代前期(約6,000年前)と後期(約3~4,000年前)が、遺跡の最盛期です。土器の他に、石錘や土錘(漁網用のおもり)が多数出土しました。海岸沿いであることから、漁労中心の生活であったと思われます。他に、石鏃(矢じり)、石きり、石斧、木の実をすりつぶす磨り石などもありました。日ノ山などで小動物を狩り、木の実を採集していたことが伺われます。西部瀬戸内地方を代表する縄文遺跡です。

maedaiseki

<石斧>
(東岐波・前田遺跡)

tokiwaike

<石鏃>
(常盤池遺跡)

doki
<縄文土器>
yaziri
<石鏃>
isiomori
<石錘>
isiono
<石斧>
doki-1
<縄文土器>
isisazi
<石さじ>  <石きり>
tutiomori-1 tutiomori-2
<土錘>

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691