トップ > 教養・イベント > 歴史・文化財 > 文化財ライブラリ > 紙本着色八幡縁起絵巻(横瀬八幡宮)

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

紙本着色八幡縁起絵巻(横瀬八幡宮)

上巻縦35.7センチメートル、全長18.67メートル、下巻縦35.7センチメートル、全長13.73メートルで、木箱に納められています。八幡縁起絵巻は祭神の応神天皇の母、神功皇后の武勲や八幡宮の創立記などを、絵と詞書で交互に記したものです。この絵巻の絵は土佐派の様式を持ち、特に背景の山水の描写は写実的な手法が用いられ、熟練した人の作と見られます。
箱書には、1516年(永正13年)に僧徳在が横瀬八幡宮に絵巻を寄進したと墨書してあり、絵巻の製作もその頃と思われます。
横瀬八幡宮は、1327年(嘉暦2年)の創建で、末信正八幡宮を勧請したと伝えられ、また別の記録では、同年宇佐八幡宮を勧請し、厚東武政が建立したともいいます。

紙本着色八幡縁起絵巻写真

  • 種別:山口県指定有形文化財(絵画)
  • 登録年月日:1969年(昭和44年)4月25日
  • 所有者・管理者:横瀬八幡宮
  • 所在地:宇部市小野(上小野)
  • 制作年代:室町時代

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691