ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

木造阿弥陀如来坐像

像高は58.4センチメートルで、桧材の寄木造りです。円相で、体躯は豊胸でがっしりとしてしまりがあります。
仏像胎内の丸刀での荒い彫り跡は力強く、全体的にみて鎌倉時代の製作と見られます。宗隣寺の前身である普済寺の本尊仏と見られる古仏で、貴重な資料です。

木造阿弥陀如来座像写真1

木造阿弥陀如来座像写真2

  • 種別:市指定有形文化財(彫刻)
  • 指定年月日:1996年(平成8年)3月15日
  • 所有者・管理者:宗隣寺
  • 所在地:宇部市大字小串210
  • 制作年代:鎌倉時代

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691