ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

岡田屋百手神事

伝承によると、1468年(応仁2年)岡田屋で疫病が大流行し多くの死者が出たので、村に祀られる松江八幡・八大龍王・大歳大明神に悪鬼退散の祈願をし、鬼に見立てた的に矢を射たところ疫病が治まったといいます。
以来、感謝と厄除け・五穀豊穣を祈り、毎年3月第4日曜日に的射の神事が奉納されています。
命中した矢の数で、作柄の吉凶などが予測され、的場で厄除け祈願された小的は、魔除け・五穀豊穣のお守りとして各家に持ち帰る習わしがあります。

岡田屋百手神事写真

  • 種別:市指定無形民俗文化財
  • 指定年月日:1972年(昭和47年)4月14日
  • 所有者・管理者:岡田屋百手祭保存会
  • 所在地:宇部市厚南岡田屋

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691