ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

松崎古墳出土品

厚東川河口を望む藤山松崎の標高30メートルの丘陵上に築かれた円墳で、古墳時代中期(4世紀後半)のものと思われます。
古墳の直径は約27メートルと推定され、内部には大型の組合式箱式石棺がありました。石棺は厚さ約20センチメートルの花こう岩で構成され、長さ約3メートル、幅約1メートルで、内側は赤く塗られていました。出土品には、日本製の青銅鏡(三角縁神獣鏡1、内行花文鏡1、四獣鏡1)、装身具(勾玉9、碧玉製管玉14)、農工具(鉄斧、鉄鎌、鉄鍬先)、武器類(鉄剣1、鉄刀3、鉄鏃)などです。特に、三角縁神獣鏡の副葬から、埋葬者が畿内の大和政権と深いつながりがあったことが伺われます。また装身具の琥珀製勾玉は県内でも珍しい大型の逸品です。これらの出土品は、剣・玉・鏡という古墳の副葬品のセットとして資料的な価値があります。なお、石棺は宇部市島にある旧図書館の敷地に移設されています。

松崎古墳出土品写真1

松崎古墳出土品写真2

  • 種別:山口県指定有形文化財(考古資料)
  • 指定年月日:1986年(昭和61年)10月24日
  • 所有者・管理者:宇部市
  • 所在地:宇部市島 旧宇部市立図書館敷地内
  • 制作年代:古墳時代中期

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691