トップ > 教養・イベント > 歴史・文化財 > 文化財ライブラリ > 北迫遺跡出土長頸壺形土器

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

北迫遺跡出土長頸壺形土器

器高18.9センチメートル、胴部最大径19.9センチメートル。平底で強く張った胴部に細長い頸がついています。全体によく研磨され、その上から赤色顔料で彩色されています。山口県西部における北部九州土器文化圏の標式的な土器として貴重です。
北迫遺跡は弥生時代中期後半(1世紀頃)の貝塚を伴った住居跡と終末期の住居跡からなる高地性集落です。この土器は貝塚から出土した唯一の完形品で、遺跡を代表する逸品です。

北迫遺跡出土長径壺形土器写真

  • 種別:市指定有形文化財(考古資料)
  • 指定年月日:1995年(平成7年)3月28日
  • 所有者・管理者:宇部市
  • 所在地:宇部市学びの森くすのき
  • 制作年代:弥生時代

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691