ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

長谷経塚出土陶製経筒

経筒とは、経塚に経典を納める際に使用する容器のことです。
本経筒は、1959年(昭和34年)に宇部市大字西岐波字長谷に立地する長谷経塚から出土しました。
器高42.0センチメートル、胴部最大径12.5センチメートル。
陶製の有蓋黄緑釉長胴壷で、筒身にしっかりとした高台をもち、宝塔を載せた被りの深い蓋を有して います。
これらの特徴は、九州に多く分布する陶製経筒にみられるものです。
製作地は中国浙江省地域の越州窯で、中国をはじめとする外国の地で類例が発見されていないことから、九州側から経筒用として特注され、当時の宋商船が北部九州にもたらしたものと考えられています。
宇部市域における数少ない経塚の出土品であり、輸入陶磁器の流通や平安末期における宇部市域と北部九州との交流の状況を知る上で重要な資料です。

長谷経塚出土陶製経筒写真

  • 種別:市指定有形文化財(考古資料)
  • 指定年月日:2009年(平成21年)5月20日
  • 所有者・管理者:宇部市
  • 所在地:宇部市学びの森くすのき
  • 制作年代:平安時代末期

お問い合わせ

組織名称:教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 企画運営係

所在地:〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

電話番号:0836-67-1277

ファックス番号:0836-67-0691