トップ > 彫刻とうべ > 彫刻ライブラリ > ロッキング・ドール

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

ロッキング・ドール

彫刻「ロッキング・ドール」の写真

説明

ボディの部分はすっぽり衣装をまとった抽象形態なのに、顔や頭部は髪も逆立ちして妙に生々しく具体的に表現されていて不思議な雰囲気をかもし出す女人像である。波形にふちどられた裾部は台座から少し持ち上げられていて、ここに風が吹き込むと、底部の球面の曲面がダルマのように重心を移動し、わずかに揺らぐように工夫されている。

作家名

関 正司

制作年

1979年

サイズ・重量

300cm×200cm×200cm

素材

アルミニウム、ステンレススティール、ステンレスワイヤー、鉄板

出展

第8回現代日本彫刻展

設置場所

ときわ公園東・梅林付近

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 UBEビエンナーレ推進課 UBEビエンナーレ推進係

所在地:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-51-7282

ファックス番号:0836-51-7205