ここから本文です。

更新日:2018年12月5日

1995 KISHI

彫刻「1995 KISHI」の写真

説明

この頑強な鉄の彫刻は二つの部分がワイヤーで引っ張られながら立っている。ひとつは二辺をもつ高さ7.5mの大きな塔部と、その塔を支える基台の部分である。その基台もまた底辺と背景を成す二辺を持つ鉄の壁である。両者は互いにワイヤーで連結されながら、塔部は水平線からごく僅かに傾いて立っている。この“傾き”が、実はこの作品の生命ともいえるもので、丘陵のはるかかなたにみえる湖水面の水平線をもこの彫刻は作品自体に引き寄せていて、いわばこの“傾く鉄の塔”は、二つの舞台を背景に傾きを強調しているのである。黒の塗装で仕上げられた塔の壁は、基台の背壁と、その向こうの大空間を借景としながら、柔構造の二重の緊張の間に立っているのである。いや揺れているといった方がいいかもしれない。毎日新聞社賞受賞。

作家名

原口 典之

制作年

1995年

サイズ・重量

460cm×725cm×110cm、20150kg

素材

出展

第16回現代日本彫刻展、毎日新聞社賞

設置場所

ときわ公園・周遊園路・薬草園付近

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 UBEビエンナーレ推進課 UBEビエンナーレ推進係

所在地:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-51-7282

ファックス番号:0836-51-7205