ここから本文です。

更新日:2018年9月21日

ノアの家族

彫刻「ノアの家族」の写真

説明

80年代に盛んに作られた「ドン・キホーテ」シリーズにかわって、この作家の90年代は聖書にまつわる「聖家族」シリーズがはじまった。この人の彫刻の面白さは細い金属の丸棒を熔接で組み合わせて成り立ち、従来の量塊を加減しながら形成していく彫刻とはまるで趣きが違っている。ノアの洪水を逃れて小鳥を解き放ちながら逃げまどう家族の姿はいずれも細身でユーモラスな格好にできあがっている。宇部市のシンボルロードの出発点JR宇部新川駅そばのロータリーの角にあって、市民生活が遭遇するさまざまな試練に向けての勇気を鼓吹するかのように立っている。この池田宗弘の他の作品「ドン・キホーテ」シリーズのもう一点は、ときわミュージアム(緑と花と彫刻の博物館)の入口に設置されている。

作家名

池田 宗弘

制作年

1993年

サイズ・重量

393cm×73cm×220cm、600kg

素材

真鍮

出展

第15回現代日本彫刻展、毎日新聞社賞

設置場所

シンボルロード

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 UBEビエンナーレ推進課 UBEビエンナーレ推進係

所在地:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-51-7282

ファックス番号:0836-51-7205