トップ > 彫刻とうべ > UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)

ここから本文です。

更新日:2019年1月9日

UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)

更新履歴

  • 2019年1月9日 第2回ワークショップの開催時間・場所を変更しました。

ときわ公園のUBEビエンナーレ彫刻の丘では、1961年以来、大規模な野外彫刻の公募展「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」を2年に一度開催しています。開催の前年に模型作品の公募・一次審査を行い、開催年に実物制作に指定された作品の展示・二次審査を行います。現在、歴代の入賞作品などが、市街地や公園などに設置されています。

彫刻創造交流発信プロジェクト基本構想(仮称)に係る市民ワークショップ

宇部市市制100周年に向け、宇部市の彫刻設置計画や彫刻に関わる事業、関係施設等の今後のあり方について、広く市民の意見を求めるため、市民ワークショップを開催します。

日程・テーマ

ワークショップの日程・テーマは以下のとおりです。

コーディネーター:藤原 徹平(建築家、横浜国立大学大学院Y-GSA准教授)

第1回ワークショップ

2018年12月2日(日曜日)13時30分~15時30分

テーマ:UBEビエンナーレの財産をどうやって未来に活かすのか?
シンポジウム+ワークショップ

内容:ワールドカフェ形式で2つのテーマについてワークショップを開催しました。

第2回ワークショップ

2019年1月13日(日曜日)13時30分~17時00分(予定)
※変更になりました

テーマ:彫刻創造交流プロジェクトオープンディスカッション
ときわ公園、中心市街地を対象にプロジェクトを考える

開催場所:総合福祉会館4階大ホール
※変更になりました

第3回ワークショップ

2019年2月10日(日曜日)13時30分~15時30分

テーマ:彫刻創造交流プロジェクトオープンディスカッション

第28回UBEビエンナーレ

第28回UBEビエンナーレの開催情報は、UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

第27回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)

第27回UBEビエンナーレ全景

2017年秋、29の国と地域から応募された277点の作品の中から選ばれた18点の野外彫刻が、広大な湖に面した緑豊かな会場に展示されました。

  • 会期 平成29年(2017年)10月1日(日曜日)~11月26日(日曜日)
  • 会場 ときわミュージアム UBEビエンナーレ彫刻の丘
  • 入場料 無料
  • 二次審査(実物作品審査) 平成29年(2017年)9月30日(土曜日)
  • 資料 開催概要(外部サイトへリンク)

大賞(宇部市賞)/Grand Prize (協賛 宇部かたばみライオンズクラブ 認証35周年記念)

彫刻「リメンバー宇部」の写真

    作品
    リメンバー宇部/remember-ube

作家
キム キョンミン/Kim Kyoung-Min

コンセプト
水の音と空間がコンセプトです。ある場所(空間)で、自分が感じた風景や感情などを言葉(文字)に表現し、水の中に落とします。落とされた言葉によって水を動かし、水からの新しい音(目で見て感じる音)を生み出せることを、大切に考えています。このような現象によって、空間に合わせた水の動きを創造し、一つのかたちに表現します。

本作品は、コンセプトと同時に、宇部の魅力的な風景と人々のエネルギーを思いながら創作したもので「リメンバー宇部」というテーマにしました。

ステンレススティールで作られた水のかたちは、永遠に流れていくような姿を見せると同時に、固い金属がしずくのように流れ下り、柔らかさをはらんでいます。

宇部興産株式会社賞/Ube Industries, Ltd. Prize

彫刻「森の掟」の写真

    作品名
    森の掟/The law of the forest

作家
伊藤 嘉英/Yoshihide ITO

コンセプト
人類は何か途方もなく間違った方向に向かっているのかも知れない。

そう想う思春期を経て、、今現在もその感覚は変わらずに或る。

森の掟、、、掟に従う、掟を守る、、掟を遂行する、、、掟を生み出す。

掟すら知らないとしたら、間違った方向に向かうのは確実だ。

銅で制作し硫化仕上げのこの作品は、長い年月を掛け緑青が付き始め緑の作品に変化する。

森が包み込むように。

毎日新聞社賞/The Mainichi Newspapers Prize

彫刻「コンストラクションキットアニマル」の写真

    作品名
    Construction Kit Animal/コンストラクション キット アニマル

作家
Hans SCHOHL /ハンス ショール

コンセプト
彫刻「組立てキット動物」は、25mmの鉄板をこどもたちが遊ぶ建物キットのように組み立てて作られています。

サイの金の角がついたクマの胴体、カモシカの足にウシの胴体・・・まぜこぜになった動物たちを見ることが出来ます。

彫刻は、愉快で楽しい動物たちのピラミッドで、訪れる人は実在する動物たちの部分のひとつひとつを発見するでしょう。しかし別の視点から見ると、彫刻はハイブリット動物で、異なる種が交雑されていることを示しています。遺伝子工学やクローン技術は、ますますあたりまえの科学となることでしょう。この先どんなことが起こるでしょう?

私たちの子供たちやまたその次の世代は決めなければなりません。動物たちや自然を組み立てキットのように扱うことは正しいことなのでしょうか?

宇部マテリアルズ賞/Ube Material Industries Prize

彫刻「北極星との交信5.」の写真

    作品名
    北極星との交信5./Contact with the Polaris V

作家
藤島 明範/Akinori FUJISHMA

コンセプト
私はこの場所で、北極星との関係を結ぶ。山口県宇部市ときわ公園は、北緯33度56分に位置している。私の彫刻には水平面に対して仰角33度56分の穴が穿たれており、地軸にあわせて正しく設置することによって北極星の光が穴に差し込むのである。人々はこの彫刻の中央にある穴を覗くことで、遥か遠い433光年の宇宙から発せられた光を見ることができるのだ。彫刻に穿たれた穴はいつでも北極星の光を捉えているので、日中でもいつでも北極星の存在を感じることができる。ときわ公園に集う人々が、この彫刻によって北極星の光と対話し、宇宙への思いを巡らせていただければ幸いである。

山口銀行賞/The Yamaguchi Bank, Ltd.Prize

彫刻「重力飛翔-はるかかなた」の写真

    作品名
    重力飛翔-はるか かなた / GRAVITY FLY -Faraway

作家
佐藤 慈男/Yasuo SATO

コンセプト
大空を昆虫、鳥が飛ぶ。子どものころから飛行に興味を持ちつづけ、その機能に対し最終的命題『永遠に重力からの離脱』を思う。宇宙空間への帰省本能を秘め、試みようとする”想い”による形象化。たまご形の石上にへばり付き、重力を振り切って飛ぶという自分の意志と力で、はるかかなた・・・

宇部商工会議所賞/Ube Chamber of Commerce & Industry Prize

彫刻「時空ピラミッド」の写真

    作品名
    時空ピラミッド/ Time-Space pyramid

作家
北川 太郎/Taro KITAGAWA

コンセプト
石をひたすら積み重ねて、造形する事により、「時間の可視化」を試みました。


島根県吉賀町賞/Shimane Yoshika Town Prize 市民賞(緑と花と彫刻の博物館賞)/Citizens Prize(UBE Tokiwa Museum Prize)

※市民賞(緑と花と彫刻の博物館賞)は、来場者の投票によって決まります。

彫刻「アフターアップル」の写真

    作品名
    アフターアップル/The after apple

作家
石上 和弘/Kazuhiro ISHIGAMI

コンセプト
りんごの芯の彫刻は、食べられてしまった後の姿として心もとなく映るかもしれないが、芯の周りのなくなった部分のエネルギーは、食べた私たちの一部になっている、と見ることもできる。食べる行為は空間を作ることを目的としないが、その跡は、生に転換した証であり、充実した空間とも言えるだろう。ここでは、その削がれた空間の構築(彫刻の作り方)に、建築的な方法を用いてみる。食べ終えた芯を柱にし、内部は板を張って、床から柱そして天井を一体として作る。結果、丸まった縁側のような開放的な空間が現れ、そこは人が寛ぐ場所ともなる。芯の内側は地面と繋がっていて、屋根に降った雨を集めて宇部の植物が育つ。

山口県立美術館賞/Yamaguchi Prefectural Art Museum Prize

彫刻「風の灯台」の写真

    作品名
    風の灯台 / Lighthouse in the wind

作家
ナカイデ タケヒコ/Takehiko NAKAIDE

コンセプト
明かりは灯らないけれど、風車がクルクル回ります。

塔に入って見上げると、大きな万華鏡になっています。

違う世界に少しだけ、近づけるような気がします。

遠く離れた人たちに、また会えるような気がします。

島根県立石見美術館賞/IWAMI ART MUSEUM Prize

彫刻「遊」の写真

    作品名
    遊/play

作家
増野 智紀/Tomoki MASUNO

コンセプト
私の作品は、子供達に遊んで作品の中に入ってもらう事で成立する形です。

作品のイメージは海辺にある常盤公園から「波」のイメージを受け制作しました。

子供達は波の中を潜る様に遊んで、作品の中から見える風景で想像力をいっぱいに膨らませてくれる事を願って制作致しました。

下関市立美術館賞/Shimonoseki City Art Museum Prize

彫刻「メガプテラ」の写真

    作品名
    Megaptera/大きな翼(ザトウクジラ)

作家
神山 豊/Yutaka KAMIYAMA

コンセプト
私は、「OCEANS」をテーマに、木を使って「動く海洋彫刻」を制作しています。

今回の作品タイトル「Megaptera」は、ザトウクジラで「大きな翼」という意味です。

ザトウクジラは、体長の3分の1ほどもある大きな胸ビレを、ゆったり動かして泳ぎます。

湖を望む公園の青空のもとで、大きなクジラが「ゆっくりと羽ばたくように泳ぐ」姿をイメージして創りました。自然の光や風の中でこそ生まれる「木」の造形を楽しんでいただき、アートを思い切り体感して欲しいと思います。また、「海の生きものとそれを取り巻く環境」について、少しでも関心を持って頂くきっかけとなってもらう事が出来たらと、願っています。

主な「UBEビエンナーレ紹介展」

UBEビエンナーレPR展@MARTE2017 MODERN ART EXPERIENCES/スペイン

カステジョン(バレンシア州)で開催された国際アートフェア「MARTE」にUBEビエンナーレブースを出展しました。

  • 会期 2017年11月16日(木曜日)~19日(日曜日)
  • 会場 Auditori L Palau de Congressos de Castello
  • プレゼンテーション 11月17日(金曜日)
  • 取材 TVE(スペイン国営放送)
  • 報告会 11月29日(水曜日)18時~19時30分 ときわ湖水ホール大展示ホール

UBEビエンナーレPR展@九州国立博物館

九州国立博物館は、太宰府天満宮裏の同宮所有の丘陵地に建設された国立博物館であり、年4回程度の大規模な企画展には、毎回数万人が来場します。UBEビエンナーレPR展では、2017年秋に野外彫刻となる作品を含む24点の模型作品を九州国立博物館で展示し広くPRしました。

UBEビエンナーレPR展@瀬戸内国際芸術祭/小豆島

瀬戸内国際芸術祭は、瀬戸内の島々を舞台に開催される国内最大級の国際芸術祭であり、期間中約100万人の来場者が訪れます。UBEビエンナーレPR展では、来場者のうち約20万人を迎える小豆島を会場とし、半世紀以上の歴史を誇る「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」を広くPRしました。

UBEビエンナーレ@カステジョン/スペインBienal de UBE @ Castellón/España

海外との文化交流の一環として、カステジョン市(スペイン)で、UBEビエンナーレの紹介展を開催しました。初の国外開催です。詳しくは次のページをご覧ください。

Se celebra la presentación de la Bienal de UBE en la Ciudad de Castellón (España) como parte del intercambio cultural entre países extranjeros. Va a ser la primera exposición fuera de Japón. Para más información, hacer clic debajo.

UBEビエンナーレ@渋谷ヒカリエ/東京
― 山口県宇部市、アートによる「人間/都市」再生への挑戦 ―

UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)/宇部市の50年にわたる活動の紹介展を、平成27年2月18日~3月1日の期間、東京の注目のアートスポット「渋谷ヒカリエ」で開催しました。詳しくは次のページをご覧ください。

過去の彫刻展

UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の過去の彫刻展については、ときわミュージアム本サイトをご覧下さい。

UBEビエンナーレ世界一達成市民委員会

UBEビエンナーレの今後のあり方について協議を行った「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)を考える会」からの提言の趣旨を踏まえ、市民の立場から具体的な方策を検討・実施していくために「UBEビエンナーレ世界一達成市民委員会」を設置しました。

UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)を考える会

野外彫刻展50周年を機に、UBEビエンナーレの今後のあり方について市民のみなさんの意見を求めるため「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)を考える会」を設置しました。この会では、UBEビエンナーレの今後のあり方について、意見交換会なども含め議論を深め、5月11日に提言書が提出されました。詳しくは次のページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:観光・シティプロモーション推進部 UBEビエンナーレ推進課 UBEビエンナーレ推進係

所在地:〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

電話番号:0836-51-7282

ファックス番号:0836-51-7205