トップ > 暮らし・安心 > 届出・証明書 > 戸籍届出 > 戸籍事務のコンピューター化

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

戸籍事務のコンピューター化

平成18年3月4日から宇部市に本籍がある人の戸籍がコンピューター化されました。
(サービス開始は3月6日から)

戸籍事務の迅速化

これまでの戸籍は、和紙に手書きやタイプライターで記載していました。また、証明書の発行は、大量に保管された戸籍の中から探し出し、コピーして交付していました。そのため、届書を受け付けてからの戸籍の作成や、証明書の発行に時間がかかっていました。
コンピューター化されたことにより、複雑な手作業が効率化され、より早く戸籍を作成し、証明書を発行することができるようになりました。

氏名の文字について

戸籍は、常用漢字や人名用漢字のように、漢和辞典などに載っている字で記載することになっています。漢和辞典等に載っていない文字については、改製の際、辞典等に載っている文字に置き換えて登録しています。
今回、戸籍と住民票の照合を行い、住民票の文字が戸籍の文字と相違している場合は、戸籍の文字に統一しています。

戸籍の附票について

戸籍に記載されている人の住民異動の履歴を記載し、現在どこに住民登録されているかを把握するために、「戸籍の附票」があります。
戸籍のコンピューター化に併せて、附票もコンピューター化され様式が変わりました。
コンピューター化後の戸籍の附票には平成18年3月4日現在の住所から記載されています。それ以前の履歴が必要な場合は「改製除附票(5年間保存)」をご請求願います。

表記の変更について

新しい戸籍では、本籍の地番の表示が例えば「1番地の1」と記載されているときは「の」が省略され、「1番地1」と表示されています。
これに伴い、住民票の現住所欄及び宇部市に本籍がある人の本籍欄も同様に「の」が省略された表示に変わっています。
なお、印鑑登録証明書、運転免許証、登記簿、預金通帳等の有効性に影響はありません。
※これまでの戸籍は「平成改製原戸籍」として150年間保存します

戸籍のコンピューター化新旧対照表
変更項目 これまでの戸籍 コンピューター化後の戸籍
名称 戸籍謄本 全部事項証明書
戸籍抄本 個人事項証明書
様式 B4版・B5版 A4版
書式 文書体・縦書き 項目別・横書き
用紙 白紙 偽造防止用紙
公印 朱肉印 電子公印(黒色)

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 市民課 戸籍係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8237

ファックス番号:0836-22-6017